home > 自分に合ったカバンの選び方・使い方 > 自分に合ったカバンの選び方・使い方

  • Linkedln
  • Google+
  • Hatena
  • Yahoo!プロフィール
  • Windows Live
  • Mixi
  • Ameba
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook
  • Twilog
  • にほんブログ村

QRコードからまたは、ケータイにURLを入力して直接アクセスして下さい。

自分に合ったカバンの選び方・使い方

自分に合ったカバンの選び方・使い方

あつや先輩のシンプルライフ講座

-もっと気楽に生きるためのヒント-

 

シンプルに生きると楽になります。

でもなかなかそれができません

私もそうです。

でも、いくつかのことについて、「決めたり」「習慣にしたり」「しくみをつくったり」「工夫したり」「捨てたり」「準備したり」「段取りをしたり」すると意外にシンプルになります。

私が実践している今すぐできる「気軽に生きるためのヒント」を1つでも2つでも試してみませんか。

新しいライフスタイルを私と共有しましょう。

 

自分に合ったカバンの選び方・使い方

 

 

0331 カバンは「いつもの持ち物」を入れられるものを選ぶ。 

カバンはいつも使っているもの、持ち歩いているものが使いやすく収納できるものを選ぶ。

 

0332 カバンは持ち歩きしやすいものを選ぶ。 

カバンは持ち歩きしやすいものを選ぶ。大きさ、重さ、材質など不快でないものを選ぶ。

 

0333 カバンはTPOにより使い分ける。

 状況に応じてカバンを使い分ける。用途ごとに最適な「お気に入り」カバンを見つけると良い。

 

0334 カバンは「気に入ったもの」を選ぶ。 

カバンはいつも持ち歩くものなので、「気に入ったもの」でないと不快である。何度でも選びにいくとよい。

 

0335 カバンは中身を取り出して使いやすいものを選ぶ。 

カバンは中のモノを取り出して使うことが目的なので、中身の取り出しやすさを第一に考える。

 

0336 「バッグ・イン・バッグ」方式にして、常に同じ環境を持ち歩く。

 持ち物のコアとなる部分は、バッグインバッグにして、カバンを変えてもそのまま入れ替えられるようにしておくと便利である。

 

0337 カバンはあまり見た目が不快でないものを選ぶ。 

カバンは自分自身であるので、自分も他人にも不快でないものを選ぶようにする。

 

0338 カバンは一目で「自分のもの」とわかるものを選ぶ。

 カバンは遠くからでも「自分のもの」と見分けがつくものを選ぶとトラブルが少ない。またイメージ創りにもなる。

 

0339 カバンは中身を見ないでも取り出せるものを選ぶ。 

カバンはいちいち中身を見なくても「手探り」で取り出せるものを選ぶ。

 

0340 ビジネスバッグは極力シンプルにする。

 ビジネスバッグは機能優先でできるだけシンプルなものにする。

 

0341 旅行カバンは「壊れない」ものを選ぶ。 

旅行カバンは旅行先で壊れないようなものを選ぶ。たくさんの荷物を入れる可能性があり、預ける可能性もあるので、素材、ファスナー、取っ手、金具、ベルトなどを十分に吟味したほうが良い。

 

0342 出張カバンはオールマイティなものを選ぶ。

 出張カバンはビジネスだけではなく、お土産や多くの資料、衣料なども入れるので、オールマイティなものを選ぶほうが良い。

 

0343 散歩バッグは「楽なこと」を最優先にする。

 散歩に出かけるときは軽くて丈夫、取り回しが楽なものを選ぶと良い。持っていることを忘れるぐらい楽なものを選ぶ。

 

0344 お買い物バッグは軽量・大容量のものを選ぶ。

 買い物バッグはとにかく軽量で丈夫なものを選ぶ。また、ある程度の容量があるものがいい。

 

0345 時には手ぶらで歩く。 

時にはバッグから開放され、必要なものをポケットに入れ、手ぶらで歩くのも良い。

 

0346 基本の持ち物はなるべく少なくする。 

基本的な持ち物をなるべく少なくすると、楽であり、忘れ物、失くし物が少なくなる。

 

0347 原則は「身につけて持ち運ぶ」。 

持ち物は原則として「身につける」ようにすると、忘れ物、失くし物が少なくなる。また、アクティブに活動できる。

 

0348 なくし物をしないように「ひも」をつける。 

大事なものには「ひも」をつけて落とさないようにすると良い。

 

0349 なくしたときの準備をしておく。 

物をなくしたときのために、遺失物が戻るサービスなどを使ったり、あて先を書いておいたりする。

 

0350 持ち物の補充・調達を確認しておく。 

いつでも中身が補充できるように、補充・調達できるところを確認しておく。

 

0351 カバンはファスナーにも気を使う。 

カバンはファスナーにより、使い勝手が違うので、「開き方」「グレード」「大きさ」などにもこだわって吟味する。

 

0352 手ざわり・肌ざわりを大切にする。 

皮や布などの手ざわり、肌ざわりも大切にして選ぶ。

 

0353 カバンは自分の個性をあらわす。

 カバンは持つ人の個性、ブランドをあらわすので、自分らしいものを選ぶ。

 

0354 良質のカバンを長く使う。 

金額やブランドではなく、良質のカバンを選ぶようにする。

 

0355 カバンの裏地は明るい色の方が中身を探しやすい。

 カバンの中身を探すときに、裏地が明るい色の方が探しやすい。

 

0356 カバンはいつもクリーンにしておく。 

カバンは底や隙間にほこりがたまったり、不要なものが入っていたりするので、いつもクリーンな状態にするよう心がける。

 

0357 昼休み用の「バッグ・イン・バッグ」を用意する。

 昼休みにランチに出かける際、「バッグインバッグ」があるとスムーズに出かけられ、外でもアクティブに活動できる。

 

0358 肩掛けは滑らないものを選ぶ。 

肩掛けはなるべく滑らないもの、重さの負担感がないものを選ぶ。

 

0359 カバンは自分のイメージを作るので慎重に選ぶ。 

カバンはたびたびかえるものではなく、しばらく使い続けるものなので、自分のイメージやブランドにあったものを慎重に選ぶこと。

 

0360 取っ手が手になじむものを選ぶ。 

カバンの取っ手ば実際に持ってみて、自分の手になじむものを選ぶ。
 

 

page top