home > クラリネットが大好きな君へ -初心者からのクラリネット- > あつや先輩の「おさらいのツボ」名言集

  • Linkedln
  • Google+
  • Hatena
  • Yahoo!プロフィール
  • Windows Live
  • Mixi
  • Ameba
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook
  • Twilog
  • にほんブログ村

QRコードからまたは、ケータイにURLを入力して直接アクセスして下さい。

クラリネットが大好きな君へ -初心者からのクラリネット-

あつや先輩の「おさらいのツボ」名言集

あつや先輩の「おさらいのツボ」名言集

 

 

今までの経験から、楽器のおさらいのツボを後輩たちへ伝えます。

 

 

①「まっすぐな音一つでも音楽だ」

音を出した時、美しい音が出ていますか。

まっすぐな音は、それだけで『音楽』になります。
実際、譜面でもひとつひとつの音が音楽を構成しています。

音色、音程、音量が変わらないようにコントロールしましょう。

ロングトーンの練習は、そのためにします。

 

②「正確な音程耳に心地良い」

正確な音程は、とても気持ちの良いものです。

ピッチが「揺れていたり」、
「ぶら下っていたり」、「上ずっていたり」すると、
気持ちが悪くなります。

まずはチューナーなどを使ってもいいので、
長い音から、正確な音程が取れるように練習しましょう。

そして、短い音もコントロールできるようになったら、
耳だけで音程が取れるようにしましょう。

その次は、同じ楽器のパートナーと。

最後にオーケストラの楽器、オーケストラ全体へと広げましょう。

 

③「構えてるその姿こそ名人芸」

楽器が上達してくると、余計な力が抜けてきて、
自然に構えが整ってきます。

そして、その構えた姿だけで、
「この人は楽器がうまいな」とわかります。

鏡で自分の構えを見てみましょう。

 

④「手と頭、心と身体で音を出す」

楽器は手と頭の連動、心と身体の連携で音を出します。

「充分なテクニック」、「クールな頭」、「ホットな心」、「周到な訓練」が
バランス良く身についた時、はじめて良い音が出ます。

決して「テクニック」や「音量」などで勝負してはいけません。

 

⑤「アルペジオ『楽器の都合』はなしにしよう」

指使いや楽器の構造によって、アルペジオが「いびつ」になったり、
音が「でこぼこ」になったりしていませんか。

どの楽器も必ず「得意、不得意」があります。
みんなが楽器のせいにしいたら、音楽になりません。

ステージに乗る前に、自分の責任で解決しておきましょう。

 

⑥「目的がないのにおさらいしないこと」

やみくもにさらっても意味がありません。

何のための練習をするのか、一瞬一瞬目的を持ってさらいましょう。

そして、今日はどこまでできるようにするのか、到達点も必ず決めましょう。

時間を区切ってダンドリ良くさらいましょう。


⑦「『技と芸』自分はどちらが得意かな」

「テクニック」と「芸術性」どちらが得意ですか。
また、あなたにとってどちらが大事ですか。

正解は「両方」です。

どちらかだけではいけません。
少しずつ両方のバランスをとりながら上達してください。

演奏をするときには、必ず聴衆がいます。
その人たちは、音楽を聴きに来るのです。

自己満足だけにならないようにしましょう。

 

⑧「得意技一つ持てれば安心だ」

なにか自分の得意技を持っていますか。

何でもいいのです。

自分の得意技があると、その技を中心に
「ゆとり」や「安心感」ができます。

すると、自然にリラックスした演奏ができ、
ほかの部分にもいい影響がでます。

なにか一つ、「得意技」を持ちましょう。


⑨「エチュードは身につけてこそ意味がある」

エチュードの練習は楽しくないと感じる人が多いと思います。

エチュードは、いわゆる「練習問題」なので、
「曲を演奏する時のために活かす」目的でさらわないと
つまらないと感じてしまいます。

「曲のパッセージが正確にできるように」、
また「曲のニュアンスが表現できるように」というのが主な目的です。

「どの」エチュードを「何のために」さらうのかを
しっかりと考えましょう。


⑩「スランプがやっと来たならあと少し」

スランプとは、「自分が設定した目標」と「現在の到達点」の
ギャップを認識することによって、はじめて感じることができます。

ですから、目標を持っていない人には現れません。

もし、スランプがきたなら「ラッキー」と思ってください。

必ず乗り越えられます。そして、上手になります。


⑪「練習の量をこなすと『型』になる」

練習は、「そのことを意識しなくてもできる」ようにすることが目的です。

いわゆる『型』を見につけるということです。

型を修得するのには、一定以上の練習量が必要となります。
それまでがんばってみてください。

必ず楽になる時がきます。


⑫『フォルテシモ』責任持てる音を出す」


「音を出す時は、自分が責任を持てる範囲で出す」ということです。

ここでいう「責任」とは、「出している音のクオリティ」のことであり、
一般言われている音質とは少しニュアンスが異なります。

「責任の持てる範囲」とは、「音色」「ピッチ」「ブレス」などを
自分がコントロールできる範囲です。

ff(フォルテシモ)とは、
「自分が納得できる美しい音で吹いた時の最も大きな音」ということです。

 


⑬「ピカピカに楽器を磨くとうまくなる」


楽器はいつもピカピカにしましよう。

毎日さわること。メンテナンスをしっかりすること。
そして、大好きになること。

そうすれば必ずうまくなります。
本当です。

page top