home > 時間は命、大切にしよう > 「人づきあいで疲れている人」「探し物が多い人」「情報洪水に困っている人」のための「時間泥棒の退治の仕方」

  • Linkedln
  • Google+
  • Hatena
  • Yahoo!プロフィール
  • Windows Live
  • Mixi
  • Ameba
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook
  • Twilog
  • にほんブログ村

QRコードからまたは、ケータイにURLを入力して直接アクセスして下さい。

時間は命、大切にしよう

「人づきあいで疲れている人」「探し物が多い人」「情報洪水に困っている人」のための「時間泥棒の退治の仕方」

 

テーマ 「人づきあいで疲れている人」「探し物が多い人」「情報洪水に困っている人」のための「時間泥棒の退治の仕方」

 

 

 

目的「こんなことができるようになります! こうなりましょう!

 ・人づきあいが楽になり、疲れなくなる。

 ・探し物をしなくなる。身の回りが片づく。

 ・情報洪水に振り回されなくなる。

 

3つの共感(悩み・困りごと)「よくこんなことありますよね。みんな困ってるんですよね。」

 ・飲み会、会合、おさそい、つき合いがなかなか断れない。メールやSNSなどの返信がわずらわしく感じる。

 ・肝心な時に必要なモノが見つからない。モノが多くて片づかない。いくつも同じモノを買ってしまう。

 ・DM、チラシ、勧誘、インターネットからの情報、メルマガ、SNS、新聞、雑誌など、外部から自動的にどんどん送りつけられる情報に振り回されている。

 

3つのポイント・着目点(気づき・認知)「その理由はこれなんです。実はこうなんですよ。」

 ・本当は行きたくない、やりたくないと思っているけど断れない、返事をしないと悪い、申し訳ないと思ってしまう。

 ・いつもの場所にないのでモノが見つからない。モノが多すぎて頭の中で管理しきれない。

 ・本当に必要な情報は意外と少ないのに、手元に届くからなんとなく受け入れてしまっている。

 

3つの心がまえ・方向性(決断・決意・意思)

          「なのでこう考えるといいですよ。こう思ってみてください。」

 ・「つき合いは悪くていい」「友人は3人でいい」と考える。

 ・持ち物は「定量」「定位置」「お気に入り」を心がける。

 ・「本当に必要なものしかいらない」「手にとらない」と決める。

 

3つの方策・対処法の提案(行動指針)「ぜひこうしてみましょう! 」

 ・自分の気持ちに正直になる、行動する。(伝えて断る、面倒なことはしない)

 ・持ち物はすべて「お気に入り」のものにして、置き場所と数量を決める。

 ・それがないと人生が成り立たないもの以外は一度カットして、再構築する。

 

3つの効果・効能・ゴール「するとこうなれます! こう変われます!

 ・人づきあいが楽になり、疲れなくなる。

 ・探し物をしなくなる。身の回りが片づく。

 ・情報洪水に振り回されなくなる。

 

 

 

 

page top