home > 愛妻日めくり > 「愛妻日めくり」

  • Linkedln
  • Google+
  • Hatena
  • Yahoo!プロフィール
  • Windows Live
  • Mixi
  • Ameba
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook
  • Twilog
  • にほんブログ村

QRコードからまたは、ケータイにURLを入力して直接アクセスして下さい。

愛妻日めくり

「愛妻日めくり」

エンジョイライフ読本 
奥義秘伝の書
「愛妻日めくり」
-ごく普通の夫から愛する妻へのメッセージ-

 


ごく普通の夫から愛する妻へのメッセージ


日々の生活の中で妻に感謝し、素敵な女性であり続けてほしいと願う普通の夫が妻に捧げるささやかな贈り物、それが「愛妻日めくり」。


妻に出合い、
 妻と結婚し、
  妻と生活することによって、
    私の人生はとても豊かなものになりました。

そんな「何気ない日常」を
  妻への愛と感謝の気持ちをこめて、
    この「愛妻日めくり」にしました。

妻を愛するすべての夫たちへ、
 夫から愛されているすべての妻たちへ、
  そして、これから妻や夫になる人たちへ、
   心からの友情をこめて贈ります。

あなたの人生が
 私と同じように
  豊かで楽しいものになることを祈って...。

そして、愛する妻にありがとう。


すべては人生を楽しむために! enjoy life!

 

 

愛妻日めくり

1 どっちかな、今日はケーキとおまんじゅう。
週に1、2度妻にスイーツを買って帰る。帰りがけにケーキと和菓子のどっちがいいかなと考える時間も楽しい。いくつか妻の気に入ったお店をまわってあれこれ選んでみる。
 
 
2 レジ袋、重い荷物はまかせとけ。
スーパーで買い物をするとついたくさん買ってしまう。重い荷物は僕にまかせとけと「ナイト気分」。
 
 
3 出会いの日、シャンパン片手に帰り道。
妻と出会った日に感謝して、ちょっといいシャンパンと花束を片手に帰る。道々いままで積み重ねてきた日々を思い出してみるととても楽しい。乾杯、そしてありがとう。
 
 
4 みそ汁の加減が今は丁度いい。
いつのまにか実家の味より妻のみそ汁が心地よく、おいしく感じている自分にふと気づく。毎日ありがとう。とてもおいしいよ。
 
 
5 週末のランチデートが楽しみだ。
子育て真っ最中で洒落た食事やデートもしばらくお預け。週末のランチデートをあれこれ考えるだけでも楽しいね。何食べに行こうか。
 
 
6 バスタオル、お日さまの香り、ありがとう。
風呂あがりに洗いたてで「お日さま」の香りいっぱいのバスタオル。一日の疲れがとれる。いつもありがとう。
 
 
7 電球の型番メモを持ち歩く。
家の電球や蛍光灯が切れたとき、型番メモを持ち歩いていると、帰りがけに買って帰ることができる。次の日まで暗い中で過ごさせたくないので、僕はそうしている。
 
 
8 恋人の寝息が今は子守唄。
となりで寝息をたてている妻、恋人から妻、母親になり、ますます素敵になった。なぜかとてもほっとする。
 
 
9 風呂そうじ、大事な人のバスタイム。
 毎日する風呂そうじ、妻や子供たちが楽しく入れるようにピカピカにそうじするのが楽しい。
 
 
10 ゴミの日を間違えないよう書いておく。
ゴミやリサイクルの日はカレンダーや手帳に書いておき、前日から家族みんなで準備する。
 
 
11 観覧車、プロポーズの日を想い出す。
 遊園地やテレビの映像で観覧車を見ると、一番高い所で妻にプロポーズした日のことを想い出し、ドキドキする。これからも妻を愛し続けます。
 
 
12 ドアの前、「お先にどうぞ」と会釈する。
買い物や食事に出かけたときなど、ドアの前で妻を「レディ」として扱う。恋人気分でとても楽しい。そして妻が素敵に見える。
 
 
13 「ありがとう」今まで何回言ったかな。
日常生活でも「ありがとう」の言葉は大切にしている。妻が何かしてくれたときは必ず「ありがとう」と声をかけている。今までどのくらい言ったのかな。
 
 
14 何よりも、君の笑顔が宝物。
自分がうれしいときよりも、妻が「うれしそうな顔」をしているときの方がうれしく感じるようになってきた。君の笑顔に会えるよう、僕はがんばるからね。
 
 
15 照れるけど、月に一度は言ってみる。
普段なかなか言えない言葉や言わない言葉がある。照れくさいけど、月に一度はそんな言葉を妻に言ってみようと思う。
 
 
16 記念日にバラの花束贈ります。
「結婚記念日」や「出会いの日」など特別な日は、やっぱりバラの花束を贈ってみる。時には100本、時には年数分・・・。
 
 
17 穴あきのくつ下次のプレゼント。
子育ても忙しく、特段おしゃれもできない状況の妻。履きつぶすつもりで穴のあきそうなくつ下を履いている。次のプレゼントはかわいらしいくつ下はどうかな。
 
 
18 スーパーのポイントカードを持ち歩く。
仕事帰りになるべく僕が買い物をして帰れるように、スーパーなどのポイントカードを僕が持ち歩くようにしている。少しでも妻の負担が軽くなるといいな。
 
 
19 テーブルに雑誌の切り抜き置いてみる。
テーブルの上に、雑誌や情報誌から切り抜いた旅行やスイーツなどの切り抜きをさりげなく置いておく。妻がそれを見て二人の会話がはずむ。
 
 
20 青信号、手前でそっと手をつなぐ。
買い物などで外出したときなど、信号が青になるときにそっと妻と手をつなぐ。恋人気分でとても楽しい。
 
 
21 雨の日も会話がはずむ、傘の中。
外出をためらってしまう雨の日も、傘の中ではちょっと恋人気分になり、会話もはずむ。
 
 
22  ベタだけど、22日は「夫婦の日」。
語呂合わせだが、せっかくなので便乗しよう。「夫婦の日だけどどうしようか。」と会話のきっかけ作りにもってこいの日。何か二人でしてみようか。
 
 
23 暑い日に、ベンチでアイスを食べてみる。
夏の暑い日、アイスを買って妻とベンチで食べてみる。何か恋人気分で楽しい。
 
 
24 「行ってきます」ほっぺに元気と勇気のしるし。
朝「行ってきます」と出かけるとき、妻がほっぺに「元気と勇気のしるし」をくれる。これで1日がんばれちゃう。
 
 
25 「待ってます」その一言が聴きたくて。
出かけるとき、妻が手を振りながら「待ってまーす」と言ってくれる。その一言に元気づけられる。
 
 
26 シャンパンの泡の向こうに君の笑顔。
特別な日にシャンパンで乾杯する。そのときシャンパンの泡の向こうに妻の笑顔がとても素敵でうれしい。
 
 
27 こんなにも、近くにいたのか「青い鳥」
「青い鳥」は自分の家の庭にいる。
「七色の花」は自分の家の裏庭に咲いている。
そして、妻と一緒にいられる幸せを日々感謝している。
 
 
28 「楽しいね」その一言のためならば。
出かけたときや家族で何か一緒にしたときに妻が「楽しいね」と微笑んでくれるととてもうれしい。また楽しい企画を立てたくなる。
 
 
29 「ありがとう」うとうとしながら手を握る。
夜寝るときになんとなく妻の手を握り、「ありがとう」って言ってみる。ただそれだけであたたかい。
 
 
30 来月も二人でページをめくろうね。
月末が来るとカレンダーに二人で予定を書き入れながら、心の中で「また来月もよろしくね。」という言葉を妻にかけている。


31 ありがとう、君との出会いに、ありがとう。
君に出会えてよかった。ありがとう。

 

 

 

新しいライフスタイル「テマヒマかけずにエンジョイライフ」のすすめ

私は自分で自分のことを「自由人」と名乗っています。
それは、「自分の心と正面から向き合い」、「自分の頭で考え」、「自分の足で立ち」、「自分の信念にもとづいて行動し」、「自分の責任において生きる」、そういう自分になりたいと思っているからです。
そんな私は、高校生のときに自分の生き方やライフスタイルに「テマヒマかけずにエンジョイライフ」とタイトルをつけてみました。
先ほどお話したように、子どもの頃からあれこれやっていた私は、一つひとつのことをテマヒマかけずにやり、楽しみたいと思ったからです。
決して、手を抜いたり、サボったり、いい加減にやったり、ということではありません。
今しかできないこと、この環境でしかできないこと、自分にしかできないことを今現在ありのままの自分が、自分のことに積極的にかかわり、「うれしい!」「楽しい!」「ハッピー!」と感じられるようになりたいと思ったからです。
そして、人とのふれあいの中でうれしさを感じる、何かをしていて楽しく感じる、日々の生活や人生で幸せを感じることができて、まわりの人たちやおかれている環境、生まれてきたことに「ありがとう」と感謝することができるようになりたいと思いました。
今もその時の気持ちを大切にして生きています。
そんな自分自身をホームページに投影してみたのが、「自由人 岩下敦哉のA-town テマヒマかけずにエンジョイライフ」です。そこには、未完成ですが、さまざまな自分が生きています。というよりもむしろ、これから現実の世界の私自身と一緒にどんどん成長、発展していくのです。
よろしければ一度お立ち寄りください。
そして、あなた自身のライフスタイルをエンジョイしていきませんか?

 


エンジョイハックス(enjoyhacks)とは

エンジョイハックス(enjoyhacks)とは、岩下敦哉が「自由人、岩下敦哉(いわしたあつや)のテマヒマかけずにエンジョイライフ」の中で提供している「人生を楽しむための知恵袋」、すなわちエンジョイハック(enjoyhack)の総称である。
岩下敦哉は、その経験の中から、エンジョイライフという新しいライフスタイルを提案し、そのエッセンスを短いメッセージにまとめて、発信している。
自身のホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどで紹介するほか、友人や知人にエンジョイハックスを提供している。


エンジョイライフ(enjoylife)とは

エンジョイライフ(enjoylife)とは、岩下敦哉が提案している新しいライフスタイルである。
「いま」「ここ」「自分」にフォーカスし、「今置かれている環境」や「等身大の自分」を「あるがまま」に受け入れ、それを自分自身で認めることによって、人生を楽しく生きるライフスタイルである。
特に目新しいことや難しいことはなく、今日から始められる「小さな知恵袋」をエンジョイハックス(enjoyhacks)として提案している。
自身のホームページ「自由人、岩下敦哉(いわしたあつや)のエンジョイライフ」http://www.atsuya-iwashita.jp/などで紹介している。

 

 

 

人生七訓

一、テマヒマかけずにエンジョイライフ
「人生は楽しむためにある。おなじ楽しむならテマヒマかけずにいこう。」

二、うれしい! 楽しい! ハッピー! そして、ありがとう。
「人とのふれあいの中でうれしさを感じる、何かをしていて楽しく感じる、日々の生活や人生で幸せを感じることができるようになろう。そして、まわりの人たちやおかれた環境、生まれてきたことに「ありがとう」と素直に感謝できるようになろう。それが最高に素敵な人生。」

三、時間は命である。使うなら大切な人のために。
「何のために生きるかを真剣に考えること、今の一時間も死ぬ直前の一時間もおなじである。無駄にしてはいけない。使うなら、大切な人や大切なことのために使おう。」

四、泥舟でも向こう岸までたどり着けばいい。
「結果を出すための道すじはどうでもいい。こだわりすぎて結果を出せないことを恐れよう。完璧な結果などいらない。そこそこでいい。結果を出した者のみがプロセスを評価される。まずは結果を出すことのみに集中しよう。」

五、「昼あんどん」でいい、やるときにやればいい。
「いつも臨戦態勢でなくていい。やるときにやればいい。ただし、周到な準備、訓練、鋭敏な感覚、動くタイミング、動きのシミュレーションなどを忘れないようにしよう。」

六、「今、ここ、自分。」かっこ悪くていいじゃない。
「過去や未来は自由にならない。自由になる時間は今しかない。今現在おかれている状況や環境、場所や境遇をあるがまま受け入れ、その中で人生の主人公として、時間の主として、主体的に取り組もう。今の自分ができることを「自分ごと」として精一杯取り組もう。
そして自分で自分自身を認めてやろう。かっこ悪くてもいいじゃない、それが自分、それでいい。ほかに誰が認めてやるんだ。等身大の自分を大切にしよう。」

七、思いついたら、石橋をたたきながら渡り切る。
「好奇心には賞味期限がある。やりたいこと、学びたいことがあったら、すぐに行動しよう。人生の中に迷っている時間、悩んでいる時間はない。ただし、やみくもに霧の中を走ってはいけない。足もとや行く先をしっかりと見据え、慎重かつスピード感をもって進んでいこう。そしてかならず向こう岸まで渡り切ろう。そのための準備は周到にしよう。」

 

 


プロフィール

1968年8月21日生まれ。獅子座、O型。
ずっと東京で育ち、貫井中学校、都立富士高校、早稲田大学で学ぶ。早稲田大学大学院修了。
学部時代は、心理学・行動学・ノンバーバルコミュニケーションなどを中心に学び、大学院では人間工学や安全管理医学、ヒューマンエラーなどを学んだ。
社会人になってから、経済学、特に消費者行動やマーケティングに興味があったので、慶応義塾大学で学び、
高等教育や大学経営・運営に関心があったので、桜美林大学大学院、東京大学大学院などで学んだ。


子どもの頃から多趣味で、ピアノ、バイオリン、トランペット、クラリネット、フルートなどを演奏し、バンドでは、ベース、ギター、サックス、ウインドシンセサイザーなどを担当。
HERCULES、ARCADIA、富士音楽研究会などの音楽団体を主宰。
子どもの頃、一眼レフカメラや8ミリシネマ、ビデオカメラなどを父親から教わったので、写真や映像も趣味にしている。
父が油絵をやっていたので、絵画なども好き、読書や映画も大好きである。

家では息子と娘、二児のパパを楽しんでいる。もちろん愛妻家。

「自由人」、そして「エンジョイライフコンサルタント」。

エンジョイライフコンサルティング代表。
1987年より「時間塾」を主宰、塾長・講師。
1993年より時間活用研究所を立ち上げ、所長・研究員。

大学アドミニストレーター(大学行政管理・経営・運営の専門家)。

日本宇宙航空環境医学会、日本人間工学会、日本心理学会、日本社会心理学会、日本教育社会学会、日本高等教育学会、大学行政管理学会会員。


「テマヒマかけずにエンジョイライフ」がモットーである。

(詳細はホームページにて http://www.atsuya-iwashita.jp/

 


未来へのドリームノート

―今のあなたの思いを未来の自分へ届けましょう―

◎今、気づいたこと(言われてみればそうかも知れない)
1.
2.
3.


◎今、変えていきたいと思ったこと(そうだ、こうしなゃ)
1.
2.
3.


◎なりたい自分像(将来こうなりたい)
1.
2.
3.


◎「今から始める」と決意したこと(これをやるぞ)
1.
2.
3.


◎そして、今のあなたから未来の自分へのメッセージ・・・

 


Thank You enjoy life!

page top