home > エンジョイライフ時間塾 > タネあかし!早起きできない三つの理由

  • Linkedln
  • Google+
  • Hatena
  • Yahoo!プロフィール
  • Windows Live
  • Mixi
  • Ameba
  • Twitter
  • YouTube
  • Facebook
  • Twilog
  • にほんブログ村

QRコードからまたは、ケータイにURLを入力して直接アクセスして下さい。

エンジョイライフ時間塾

タネあかし!早起きできない三つの理由

タネあかし!早起きできない三つの理由

1.ゴール(目的)をはっきりと決めていないから

語学、勉強、トレーニングの失敗談

「まわりがやっているから」「何か良さそうな気がする」「やった方が良いかな」(外部要因)

はっきりした目的と強いモティベーション、ワクワクするような楽しみがないと続かない。(内部要因)

「ワーク」「ライフ」ではなく、「パーソナル」の時間を増やし、バランスを取る。充実した生活を送る。

「もっと自分のために」「自分の時間」をつくる。

「早起き」自体を目的としないこと。

旅行や遠足、趣味のお出かけなどがあると自然と早く起きられる。

部活や合宿で朝練をやっていた経験がある。


2.ゴールまでの道すじが見えていないから

今いるところからゴールまでの道すじを具体的にえがくには、「現状認識」「作戦」「準備」が大切である。

「起きるための作戦」を立てる。

漠然と「つらい」「きつい」「たいへん」と思わず、具体的に朝の行動に落とし込む。

見えないから不安なので、はっきり見える形にし、実際にやってみると大したことはない。とりあえず前に進むこと。

作戦は「仕組み化」と「ツール」を利用する。

どうやればゴールにたどり着くか、どうやってゴールにたどり着けばよいのかわからない。

「早起き」はゴールへの手段である。

「いろいろなやり方がある」からかえってわからない。自分になにが合っているのか。

他人の早起きはそれぞれ目的が違うので、自分にぴったり合わなくて当然。

まずは「距離」「方向」「障害物」などを確認する。


3.ライフスタイルとしてその行動が習慣化されていないから

人間は約3週間(20日間)同じ行動を繰り返すと習慣化される。

単に習慣化されるだけではなく、自分のライフスタイルにまで高めると続く。

まわりの人にも自分のライフスタイルを認識させる。

「続けるための仕組みづくり」と「時間泥棒対策」が不可欠である。

「スキルベース」までもっていくと続きやすい。

テマヒマかけずにエンジョイできる形にすると続きやすい。

「リッチな朝時間」はとても充実しています。

先ほどのスーパーマンの朝に憧れませんか。



page top