2011年10月アーカイブ

愛車のソアラです。

| コメント(0) | トラックバック(0)
愛車ソアラ.JPG

登録会員制クラブ「あつや君のがらくた部屋」

 

「あつや君のがらくた部屋」へようこそ。

あまり役には立たないと思いますが、自己紹介がわりに趣味、プロフィール、想い出、こだわり、好きなものetc.をお友達だけにこっそりお見せしちゃいます。

お時間があったらプライベートルームを見ていってください。

 

新婦のお色直しの間、新郎のことについて、ちょっと話しましょうか。


椿山荘と新郎の岩下敦哉さんといって思い出されるのは、やはり職場の旅行親睦会「椿山荘ほたるの夕べ」で総合司会をやったことですかね。


特に学習院のことをテーマにした「学習院クイズ」は大評判でしたね。


では、今日は逆に、我々が新郎のことをテーマにした「新郎クイズ」をやってみましょうか。


ついでに、新婦には秘密のエピソードなんかも・・・。


ここに、新郎が幼稚園から職場に至るまでのネタ帳がありますので、これをもとにクイズを出したいと思います。


1問 <幼稚園時代> 「江東学園幼稚園 ほしぐみ だより」より出題です。

新郎といえば、まず、趣味の音楽ですかね。


国内はもちろん、海外で何十回も演奏をしていて、多くのプロの方とも共演している腕前なんですよね。


普段のイメージからは想像もできませんよね。


実は、いろいろな楽器を得意とし、今や100種類以上の楽器をあやつるといわれている新郎ですが、一番最初に習った楽器は次のうちどれでしょうか。


①クラリネット

②ピアノ

③バイオリン


<エピソード>

そのピアノの先生が大好きで、ピアノのレッスンよりも実は先生に会いたくて通っていたとか・・・。

そして、その先生の名前も新婦と同じ「典子さん」だったとか・・・。

さすが、マセガキと異名をとる新郎ですね。


2問 <小学校時代> 「貫井町 回覧板」より出題です。

新郎は、今ではあのような立派な体型をしておりますが、以前は若干スリムでした。


小学生時代から陸上の短距離、ハードル、リレー、水泳、バレーボール、野球、サッカーとスポーツを何でもこなしてきた新郎ですが、6年生の時に、母親から言われ、町内の運動会で取ってきた賞品は何でしょう。


①自転車

②ポット

③アイロン


<エピソード>

実は、ああ見えても、小学生の頃からバレンタインのチョコをいっぱいもらっていたという話しもあるのですが・・・。


それから、となりの席の女の子とすぐ仲良くなって、先生から、「授業中は我慢しなさい」と注意されていたとか・・・。


マセガキはこわいですね。


3問 <中学校時代 > 「貫井中学 1年G組 かべ新聞」より出題です。

中学時代、学級委員など、クラスのために働くのが好きだった新郎、先生方からの信頼も厚く、ある特権をもっていました。それは、次のうちどれでしょう。


①学校に来なくてもよい。

②掃除をしなくてもよい。

③校長室に自由に出入りしてよい。


<エピソード>

うわさによると、そういう特権を活かして、修学旅行の時に、「いなくなったクラスメイト」を探しに行くふりをして、現地で仲良くなった女の子とデートをしていたという話しもありますが・・・。


バンドをやっていた時も、ファンの子からプレゼントをもらっていたとか・・・。

ミスチルの櫻井君も確か、貫井中で新郎の一つ後輩だとか・・・。



4問 <高校時代> 「富士高かわら版」より出題です。

富士高で、「この人を知らない人はいない」と言われた新郎ですが、特に文化祭では、ミュージカル、自主制作映画、演劇、ポップスオーケストラなど多くの活動に参加していました。

先生からは、「お前、どこに行ってもいるな」と言われたぐらいでした。


さて、そんな新郎の高校時代のニックネームは次のうち、どれでしょう。


①ものしり博士

②ハンカチ王子

③いわし


<エピソード>

この時代、1か月分のお小遣いを一日のデートにつぎ込んだ事もあるとか・・・。


「壁の穴」にパスタを食べに行ったり、「ヤングシャーロック ピラミッドの謎」という映画を観たとか・・・。


その頃から、天才的演出家の片鱗を見せていたんですね。

5問 <高校時代> 「担任のクラス日誌」より出題です。

とにかく、オーケストラや文化祭、体育祭などに燃えまくっていた新郎ですが、高3の時に担任の先生から言われた言葉は次のうちどれでしょう。


①君は成績もいいし、どの大学にも行けるよ!

②いつも頑張っているね、青春を楽しみなさい!

③君、今年受験を考えているの?


<エピソード>

うわさによると、高311月にまだ活動を続けていて、お母様からも同じことを言われたとか・・・。


6問 <大学時代> 「早稲田ウィークリー」より出題です。

大学でもオーケストラ活動を続けた新郎、早稲田大学交響楽団という、部員が数百名もいて、クラリネットだけでも何十人もいる集団でのエピソードです。


夏の全体合宿の時、夜の宴会で、寝るのが朝の4時過ぎになる毎日ですが、新郎が得意技を活かしてやっていた事とは、何でしょう。


①そのまま寝ないで朝練に行った。

②仮眠をとって、さらにみんなより早く起き、他のメンバーの目覚まし係をした。

③また、お酒を飲みなおした。


<エピソード>

うわさによると、その早起きのワザを活かして、みんなを起こす前に、「あこがれの先輩」を先に起こし、「一緒にコーヒーでも飲みませんか?」と朝のデートに誘ったとか・・・。


7問 <大学院時代> 「早稲田 院生ニュース」より出題です。

こう見えても、大学院を出ている新郎、ちなみに学部時代は、心理学、行動学をやっていて、「人間の行動を科学する」といって、「対人行動」や「非言語行動論」など、難しいことをやっていたみたいで、最近職場でも、高等科の紀要に論文を発表したりしているようです。


そんな新郎、大学院では人間工学を専攻していましたが、さて、どんな研究をしていたのでしょうか。


①人間工学といえば、「快適に座れるイス」作り

②人間が原因で起こる事故やエラーを起こさない為の研究

③ロボット作り


<エピソード>

研究のかたわら、夜は社会人オーケストラで活躍し、夜はおしゃれな「ショットバー」でツーショットを目撃されていたとか・・・。


8問 <車について> 「月刊 バブル 19898月号」より出題です。

バブル時代に青春時代を過ごした新郎ですが、ついこの間まで乗っていた車は次のうちどれでしょうか。


①最初に乗る車といったら、カローラ

②街乗りにぴったり、低燃費のマーチ

③大人のラグジュアリー・スポーツセダンのソアラ・ツインターボ


<エピソード>

うわさによると、学生時代、富士高の合宿に指導に行く時、5人乗りのソアラに自分以外に5人の女の子を乗せてハーレム状態で合宿所に乗り付けたとか・・・。


また、ツードアで燃費も悪く、リッター4キロしか走らず、ハイオク、フルエアロ、ツーシーターという超バブリーなくるまだったとか・・・。


9問 <教務課時代> 「教務課だより」より出題です。

とにかく、物知りで、職場でも「知らないことは取りあえず、岩下に聞け」と言われている新郎ですが、学習院に勤めて間もなく、「文具好き」で通っているにもかかわらず、使い方がわからなかった文房具がありました。さて、それは次のうちどれでしょうか。


①修正テープ

②テプラ

③電動ホチキス


<エピソード>

フリーコメント


そう言えば、いつか教務課のカウンターに、色白で髪の長い、綺麗な女性が訪ねてきましたが、あれは・・・。


10問 <教務課時代> 「成績グループ日誌」より出題です。

得意な分野も多く、機械モノにも、めっぽう強くて、新しい機器は何でも使いこなす新郎ですが、「アナログ」な部分で、苦手なことがあります。それは次のうち、どれでしょうか。


①手書きで字を書く事

②電話で人と話すこと

③整理整頓


<エピソード>

職場の整理整頓が上手で、「LLシスターズ」にほめられ、食事に誘われたこともあったとか・・・。




新郎プロフィール

| コメント(0) | トラックバック(0)
 

 昭和43821日に岩下家の長男としてデビューした。デビュー当時は2400gの未熟児で、保育器に入れられ、親戚みんなに心配をかけるスタートだった。3歳の時、新小岩から両国に引越し、下町の人情や築地の魚介類に触れ、すくすくと成長していった。

 幼稚園の時には、音楽教室に通い、ピアノと声楽を酒井良一氏、こもぶち典子氏に師事。

 

 小学校1年生で、両国小から練二小に転校し、大石禎子先生、村上晨峰先生の指導の下、勉強や掃除、先生のお手伝いなど何でも頑張る子供となった。この頃、スポーツに目覚め、陸上競技や水泳などの選手としても活躍した。また、バイオリンを吉野京子氏に師事、そろばん、英会話などの習い事にもいそしんだ。

 

 貫井中学でブラスバンドを始め、クラリネットと出会った。学級委員をやる傍ら、バンド活動もやり、ベース、サックス、シンセサイザーとも出会った。運動も陸上(百m.11秒台)、水泳、バレーボール、野球、サッカーと何でもこなすようになった。

 

 富士高校では、オーケストラを中心に、文化祭、体育祭など学校行事に燃えていた。

 

 早稲田大学では、ノンバーバルコミュニケーション(非言語行動論)を中心に心理学、行動学を春木豊氏、鈴木晶夫氏の下で学び、大学院では、人間工学系安全管理医学研究室黒田勲氏の下で学んだ。その後、Newport大学の博士課程で人間行動学、慶応の経済で消費者行動論、桜美林の大学院で大学アドミニストレーション、東京大学の大学院で教育学など、現在も地道な研究を続けている。

 

 オーケストラは、早稲オケ、新交響楽団、東京モーツァルト、アルカディアなど、世界各国への演奏旅行など内外で演奏活動を続けた。

 

 現在は、学習院で真面目に働いているが、大学教務課、教職課程、中・高等科そして現在の法人企画課でも、宴会部長として活躍し、密かに法人宴会部長の椅子を狙っている。

プロィール ミニ

| コメント(0) | トラックバック(0)
 

岩下 敦哉(Iwashita Atsuya) 


出身地 東京都練馬区

生年月日 昭和43年8月21日 

O型 獅子座 

性格 明るく 楽しく 元気よく

趣味 楽器演奏

好きな食べ物 とうもろこし 温泉たまご 納豆

嫌いな食べ物 らっきょう

 

 二人の初デートは渋谷のとあるレストラン。新郎が新婦の母校である学習院に勤めていることや、出身が同じ都立富士高校ということもあって、話題は尽きず、意気投合、その後も着々とデートを重ね、愛を育んでいった。

 

 「天才的な演出家」と自他共に認める新郎、これまでの新婦とのデートの演出を振り返ってみると、新宿の摩天楼の最上階、カップルシートで夜景を満喫しながらのイタリアン、クリスマスには、お台場の夜景を眺めながらのディナーのあと、東京湾カクテルナイトクルージング、桟橋には黒塗りのリムジンが新婦を待ち受け、送り届けた自宅には、百本の赤いバラの花束...。卒業以来足を運んでいなかった懐かしの母校富士高校の文化祭に突撃参加など、新婦を喜ばせるサプライズデートが続いた。

 

 プロポーズは、東京ドームラクーアの観覧車「ビッグオー」に乗り、最高点に達した時、「このままずっと一緒にいたいね。」しかしこの時、新郎にはプロポーズの緊張以外に別のピンチが襲いかかっていたのである。何と新郎は高所恐怖症で、観覧車に乗ったことがほとんどなく、心拍数は20倍にもなっていた。でも、新婦の前では、平静を装い、途中で席を移動したり、景色を眺めたり、人生において一番頑張った瞬間であった。新婦はそんな新郎をあたたかく受け入れ、生涯の伴侶とすることを決めたのであった。

 

 その他、デートのエピソードは、初めて行くディズニーシーを新婦に案内してもらい、アトラクションやショーを楽しんだり、水族館でいわしやカニを観ながら、「あれ美味しそうだね」なんて言ったり、新郎が指導する富士高校のオーケストラの練習や演奏会などに行ったり、「オペラ座の怪人」を観に行ったり、美術館で美術鑑賞をしたりと、二人の多趣味ぶりには、取材した本紙の記者も脱帽だった。

 

 新婦の両親への挨拶には、新婦の父親の好みに合わせ、「とびきり上等」の赤と白のワインを用意し、「言葉の魔術師」と言われる持ち前の文章力を活かした挨拶を準備していったのだが、新婦の父親から「娘をよろしく。目の中に入れても痛くないほど大切に育てた娘だから。」と先手を取られ、「よろしくお願いします。」の一言しか言えなかった。44日の新婦の誕生日に入籍し、これからも末永くお幸せに!。

TEST4

| コメント(0) | トラックバック(0)
TEST4

TEST3

| コメント(0) | トラックバック(0)
TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 TEST3 

TEST2

| コメント(0) | トラックバック(0)
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

TEST1

| コメント(0) | トラックバック(0)
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1
TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1TEST1

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12