2011年11月アーカイブ

岩多屋 花屋さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

岩多屋

 

岩多屋②

いつもお世話になっている花屋さんです。

 

「出会いの日」や「結婚記念日」に妻への花束や、父母へのお祝いなど。

 

最近は、3歳の息子が「ママへのプレゼント」といって、アレンジメントを贈りました。

 

お店の方が素敵で、花束もアレンジメントも大満足です。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

やきとり川名

| コメント(0) | トラックバック(0)

やきとり川名

 

やきとり川名 さんです。

 

子どもの頃から、ここのやきとりを食べてます。

新鮮な材料を使い、塩もタレも絶品です。

 

いまや、息子も大好きで、私の父から数えて、ファン三代目になりました。

 

以前は、「ママやおばちゃん」がいて、楽しい会話とともに焼いてくれていました。

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

甘泉庵

 

よく帰りに立ち寄る和菓子屋さんです。

 

おだんご、シュークリームなどとてもおいしい店です。

 

 

IMG_0020.JPG

 

よく帰りに立ち寄る和菓子屋さんです。

どら焼き、こづち焼き、おだんご、銀のすずなど、おいしい和菓子がいっぱいです。

どんぐりの木

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

どんぐりの木

 

シュークリームのおいしいどんぐりの木です。

チーズケーキ、エクレアなども絶品です。

 

 

 

どんぐりの木

 

サン・ライフ練馬でレストランもやっています。

 

ピーコック

 

お気にいりの文房具屋さんのピーコックです。

 

小学生の時は、クラスの女の子とこの店でデートしてました。

 

いまでもお世話になっています。

中村橋書店 知の源

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

中村橋書店

 

子どもの頃からお世話になっている中村橋書店です。

私の知の源です。

立ち読みが多くてごめんなさい。

ウチヤマサイクル

| コメント(0) | トラックバック(0)

いつもお友達世話になっている自転車屋さんです。

 

三十年来のおつきあいで、家族の自転車新旧あわせて十台くらいお世話になっています。

 

ご主人の人柄でみんなから慕われているお店です。

 

この日は子どもと空気を入れてもらいにいきました。

 

ウチヤマサイクル①ウチヤマサイクル②ウチヤマサイクル③ウチヤマサイクル④

 

フュージョン

| コメント(0) | トラックバック(0)
フュージョン
中学、高校とバンドをやっていて、パラシュート、高中正義、スクエア、カシオペアなどをやっていました。

シェイクスピア

| コメント(0) | トラックバック(0)

シェイクスピア

小学生のときに田舎の公民館で「ベニスの商人」をみて、好きになりました。
それからいろいろ観たり、本を読むようになり、ロンドンでペーパーバックを買ったのですが、ぜんぜん読めませんでした。

モバイル

| コメント(0) | トラックバック(0)

モバイル

電子手帳、ザウルス、モバイルギア、スマートフォンなど使いまくっています。

坂本龍一と小室哲哉

| コメント(0) | トラックバック(0)

坂本龍一と小室哲哉

この二人を比べるととても勉強になります。

パソコン

| コメント(0) | トラックバック(0)

パソコン

以前は自作していました。
NEC9801VX21、88VA、8801MA2、MAC LC2などからはじまりいろいろ使いました。

まめせん

コーヒー好き

毎朝コーヒーを入れて飲むのが習慣です。
サントスやキリマンジャロが好きです。
いつも中村橋の「まめせん」いう店でサントスのピーベリーを買って帰ります。
子どもも一緒に入れてくれます。

マスターが素敵な方で、いつもにぎわっています。

中村橋の駅で、「いつものお願いします」と電話をすると、店につく頃には豆を挽いておいてくれます。

とてもおいしいコーヒーです。

 

好きな街

| コメント(0) | トラックバック(0)

好きな街

ベルリン、ザルツブルグ、ウィーンなど

科学好き

| コメント(0) | トラックバック(0)

科学好き

小さ頃から好きで、学研の「科学と学習」から始まって、今だに「ニュートン」や「日経サイエンス」を読んでいます。
小学校、中学校の時は科学クラブに入っていました。

 

松本零士

| コメント(0) | トラックバック(0)

松本零士
小さ頃から好きで、今だに追っかけています。

 

コルグ TRIDENT
僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。

コルグ POLY6

| コメント(0) | トラックバック(0)
コルグ POLY6
僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。
コルグ MONO-POLY
僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。
ヤマハ EOS-B900
僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。

ヤマハ WX-7

| コメント(0) | トラックバック(0)
ヤマハ WX-7
僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。

ヤマハ KX-88

| コメント(0) | トラックバック(0)
ヤマハ KX-88
僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。

ヤマハ DX-7

| コメント(0) | トラックバック(0)

ヤマハ DX-7

僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。

ソアラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ソアラ

僕の相棒、お気に入りで初代VRターボ、二代目ツインターボLに乗っていました。

ルーピックキューブ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ルーピックキューブ

小さ頃から好きで、一時は二分ぐらいでできました。

ポルシェ

| コメント(0) | トラックバック(0)

ポルシェ

小さ頃から好きで、今だに追っかけています。
子どももポルシェ好きになりました。

ペンタックス

| コメント(0) | トラックバック(0)

ペンタックス

僕の相棒、お気に入りで今だに愛用しています。
父の影響で、3歳のときからカメラをいじっています。
いまはもっぱら子どものスナップです。

あこがれのキャラクター

キャプテンハーロック
シティーハンター
ルパン三世
オビワン・ケノービ
シャーロック・ホームズ
セルジュ(花の子ルンルン)
沖田十三(宇宙戦艦ヤマト)

ブレザーの秘密

| コメント(0) | トラックバック(0)

ブレザーの秘密

僕はいつもプレサーを着ている印象があると思います。
でも一着しか持っていない訳ではありません。

職場では、月・水がアクアスキュータム、火・木がバーバーリー、金・土がダックスを着ています。
ボタンや素材などがそれぞれ違うので、自分なりに楽しんでいます。

通勤の時は、汗をかいたり、汚れてもいいように、洋服の青山などを愛用しています。

みなさん、実は「着た切きりすずめ」ではなかったのです。


また、ブレザーは一年中どんな時でもドレスコードを気にせず着られるので、とても便利です。

なにより、小さ頃から好きで、ブレザーを着ていける職場にしたぐらいですから。

また書き足したいと思います。

2501 ブランドは得意分野でつくる
2502 木曜日までに相手に投げて段取りをつけ、金土日でモノが動き、月から自分が動ける
2503 なるべく使いまわす
2504 人の悪口を言わない、聴かない
2505 心の中から不安・心配をなくす行動を取る習慣をつける
2506 増やさない仕組みをつくる
2507 「とりあえず、この3つ」というフレームをつくる
2508 本のノウハウは鵜呑みにしないで試してみる
2509 レッテルを利用する
2510 自分の強みを武器にすること
2511 年中行事はあらかじめスケジュールをブロックする
2512 マイナスの言葉を使わない
2513 スケジュールは一元化する
2514 自分とのアポイントやスケジュールも予定に入れ、作業時間をつくる。
2515 ポストイットは順番を入れ替えられる
2516 時間の貯金「貯時間」をしよう
2517 スキマ時間にやること。片付け整理、捨てること、つくること、掃除、準備、電話、メール、ファイルなど
2518 人の話を聞くときは必ずメモを持つ
2519 手帳で自分の人生をコントロールする。他人に左右されない生き方をする。
2520 手帳で自分の行動パターンをつくっていく
2521 手帳には「スケジュール作成時間」を入れておく。
2522 手帳のフォーマットは自分の使いやすい形につくってしまう。
2523 手帳のスケジュール欄に「アラート」マークをつけておくとよい。
2524 手帳のスケジュール欄は日・月の曜日感覚が自分に合ったものを使う。
2525 スケジュールの変更は「見せ消し」にする。
2526 書類の整理はホチキスを上手に使う。
2527 書類をファイリングしておくと、なくさない。
2528 アポイントは○時、○時30分ではなく、○時15分、○時45分などにすると待たされない。
2529 大きなタスクは、早くてをつける。
2530 「やりなおし」をしないですむようにする。
2531 後でやってもかかる時間は同じ。
2532 リマインダーを生活の中に上手に取り入れる。
2533 携帯メールでスケジュールをリマインドする。
2534 時間はスーツケースにものをつめるのと同じである。つめ方で入れられる量がかわる。
2535 スキルベース、メールベースに落とし込んで効率をあげる。
2536 確認の必要がないように段どりをする。
2537 必ずメモをとる。
2538 紛らわしいものは捨てる。
2539 探し物をしないように工夫する。
2540 道具は使いやすいものを使う。
2541 忘れないうちに手に入れる。
2542 必要以上に気を使い過ぎない。
2543 問題は時間がたつと大きくなる。
2544 「時間のゆとり」を買う。
2545 待ち合わせ時間は0分、30分ではなく、15分、45分にする。
2546 定型処理はツールをうまく活用する。
2547 モノにも命があるので、きちんと使い切る。
2548 自分にメールを送って、忘れないようにする。
2549 手紙・メールはフローである。
2550 銀行・郵便局にいかなくても良い仕組みをつくる。
2551 覚えるべき番号を減らす。
2552 細かいタスクに分解して作業をする。
2553 本は人の時間を買うことである。
2554 整理グッズを増やさない。
2555 人の恨みを買わないようにする。
2556 好みを人に合わせない。
2557 ケアする対象を減らす。
2558 走りながら投げることもできる。
2559 おまけはもらわない。
2560 書類はテープ・のりは使わず、ホチキスを使う。
2561 アクセスに時間のかかるメディアは使わない。
2562 一枚の紙に複数の用件を書かない。
2563 情報には日付をつける。
2564 ストックを1つ持っておくと、次にいつ買ってもいいので、ゆとりができる。
2565 戻す場所が遠いと戻さなくなる。
2566 オリジナルがあるモノはコピーを捨てる。
2567 一定量を超えたら捨てる。
2568 決裁のハンコの数を半分に減らす。
2569 チェックは一度で済ませる。
2570 その忙しさに価値があるか考える。
2571 モノは捨てるときもコストがかかる。
2572 モノではなく、自分が主役の家づくり。
2573 「メルマガ」には全部書かない。「これから先はHP・著書で」
2574 将来のビジョンを明確にすること。
2575 「捨てること」に慣れる。
2576 旅そのものを楽しむ。
2577 「時間不足」は「時間不足感」である。
2578 一日のうちで無駄な時間がどのくらいあるか考える時間を持つ。
2579 感情をできるだけコントロールする。
2580 「自分流」は基本があってこそのものである。
2581 決断を早くする習慣をつける。
2582 「ダメ」と言わないようにする。
2583 誠実でありたければ「NO」と言う。
2584 ヤマアラシのカップルを見習う。
2585 「シャーボ」はシャープペンに分類してもボールペンに分類しても自分の基準でよい。
2586 「いるもの」だけを手に入れる。
2587 すべてのことに無理に対処しない。
2588 計画を立てることにより、ロスタイムをなくす。
2589 タスクの実行は前倒しで行う。
2590 まずは書類の一枚目だけ読む。
2591 スペースがいっぱいになったら捨てる。
2592 気になることはすべてタスクリストに入れる。
2593 1メールにつき1案件とする。
2594 モノが潤沢にあるとムダ使いをする。
2595 自分にとって意味がない本でも批判はしない。
2596 「手段」や「プロセス」は途中で変更しても良い。
2597 再度手に入るものは捨てる。
2598 アイデア、プランは紙に書き出す。
2599 大きな仕事・プロジェクトはフローチャートで整理する。
2600 「出たとこ勝負」はできるだけ避ける。
2401 フリマに行かない
2402 捨てないと決断が鈍くなる
2403 ゴミ箱は大きくするのではなく、こまめに捨てる
2404 スペースを広げると結局モノが増えるだけである。
2405 何が入っているかわからないものは捨てる
2406 いらない情報を8割捨てる
2407 必要なものがすぐに取り出せることが大切
2408 モノを捨てないとスピードが遅くなる
2409 モノがなくなるのは近くへ置き忘れていることが多い
2410 安いモノはたくさん用意して、探す手間を省く
2411 インプットからアウトプットへ
2412 バッグインバッグシステムを使う
2413 買い物は自分のペースでする
2414 3年単位で生活を見直す
2415 整理する時間はもったいない
2416 モノは「生き筋」だけを残す
2417 かさは一人3本
2418 残ったものを片っぱしからやる
2419 目に付いてものから片付ける
2420 自分に合わないことはやるかやらないか決める
2421 使いにくいな
2422 やるべきことができていればそれでいいじゃない
2423 安請け合いをする人はいらない
2424 余計なおせっかいをしてくる人はいらない
2425 「出会い」よりも「別れ」のほうが必要
2426 ポイントは3つに絞る
2427 行動する前に問題点をはっきりさせる
2428 「もっとたくさん」→「もっと減らす」
2429 学ぶときは先入観をすてること
2430 「つまらない」と思ったらすぐにひく
2431 苦手なことは人の手を借りる
2432 いいコーチに短期間教えてもらうのが上達の近道
2433 やることをToDoリストと手帳に書く
2434 1日1つものを捨てる
2435 儲かる情報は英語で流れている
2436 主体的に関わると何でも面白い
2437 コピーライティング能力を高める
2438 他人を認めること
2439 情報はつまみ食いする
2440 仕事に振り回されない
2441 5分以内にできることはその場でやって永久に忘れてしまう
2442 人の気持ちは変えられない
2443 睡眠時間を削っても能率は上がらない
2444 同時並行処理はタイムシェアリングシステムで行う
2445 本は使うもの
2446 大事なことは記録する
2447 やりたくないならやらない
2448 根回しをしておく
2449 「ためになること」が「やりたいこと」なのか考える
2450 すべての人に好かれなくてもいい
2451 メーラビアンの法則を使う
2452 手柄は人にあげる
2453 1つ買ったら1つ捨てる
2454 昼休み用のバッグインバッグを入れておく
2455 たくさんのグラスを持つより、普段使いのクリスタル
2456 ストックは適正量にする
2457 たまったメール。ファックスは朝一番にやってしまう
2458 保管する書類はすぐファイルする
2459 早くやるからのんびりできる
2460 良い睡眠が大事、寝ている時間は無駄じゃない
2461 納期は早めに設定する
2462 3つずつグルーピングする
2463 仕事は先行逃げ切り型で
2464 根回しするなら会議は要らない
2465 まずいつやるかを決める、どうするかは後からついてくる
2466 やりたいことから始めよう
2467 努力でなくアウトプット
2468 「なるほど」「そうですね」「はい」
2469 100を知っていてやっと1を教えられる
2470 上司は「スタンパー」、承認させる、印を押させる
2471 口を挟むべきでないところにははさまない
2472 誰にでも好かれるようにしない
2473 争う気持ちは自分のペースを見失う
2474 強すぎるリーダーはチームを自滅させる
2475 人には何かとりえがある
2476 人は必ず優れているところがある
2477 物事は図解してみる
2478 作業は「歯みがき」のようにスキルベースにおとす
2479 本は一期一会、その場で読む
2480 あなたがやらずに誰がやるのか
2481 ワンランク上の持ち物を持つ
2482 相手にボールを早く返す
2483 上司に「大丈夫です」と言い切る
2484 手帳を常に見ること
2485 人の原稿に赤入れをしない青入れをする
2486 時間の主となること
2487 逆残業で自分の時間をつくる
2488 アポ、連絡、メールは8時前に済ませる
2489 何事も15分で決断する
2490 フレームワークを学ぶ
2491 一件、一葉で
2492 地図はどんどん書き込みをする
2493 引き出しはゆとりを持って入れる
2494 わかる情報、理解できる情報だけ残す
2495 専用の電話・伝言メモを使い、ミスを防ぐ
2496 整理のためのデータ入力は時間の無駄
2497 整理は「バケツ」ではなく「蛇口」とする
2498 オフィスを歩かないですむように設計する
2499 ふいのスキマをうまく使う
2500 ブランドに一貫性を持たせる
2301 スケジュールは納期を逆算して立てる。
2302 一度で物事を済ませる。
2303 レスポンスを速くすると、相手も喜び、効果が大きい。
2304 タスクリストとリマインダーで自分を管理する。
2305 学校時代を思い出して「大人の時間割」をつくる。
2306 時間の感じ方は見方・感じ方・状況を変えることによりコントロールできる。
2307 「探すこと」に時間をかけないこと。
2308 行動をパターン化して作業効率を上げる。
2309 時間の無駄は掛け算で増えていくので注意する。
2310 ストローク数・手順数を減らす。
2311 どこでも手に入るものを使う。
2312 同じ作業はまとめて行う。
2313 よく使うものは近く、あまり使わないものは遠くに置く。
2314 多少高くても近くの店で買う。
2315 「ながら」を有効に利用する。
2316 「困ってから動く」のではなく、あらかじめ手を打つ。
2317 「分類」に時間をかけない。
2318 小さな締め切りをつくる。
2319 必要なものは定価であっても買う。
2320 モノはこの世だけでしか使えない。
2321 自分で持たずに共有する。
2322 本・雑誌はフローデータである。
2323 手続きをなるべく避ける。
2324 多くの団体に所属しない。
2325 モノは常にメンテナンスする。
2326 シンプルな道具を使う。
2327 収納場所をむやみに増やさない。
2328 人は人、自分は自分。
2329 付き合いは悪くても仕方ない。
2330 夜討ち、朝駆けで時間を有効に使う。
2331 走りながら考えることもできる。
2332 不要なものをなるべく受け取らない。
2333 シールによる区別を活用する。
2334 見ない番組は録画しない。
2335 仲間わけをするとわかりやすい。
2336 紙は片面だけ使う。
2337 情報は1箇所にまとめておく。
2338 日用品は機会を逃さず買っておく。
2339 戻す場所がわかりにくいと戻さなくなる。
2340 探し物リストをつくっておく。
2341 新しく買った分だけ前のものを捨てる。
2342 待たされるのは時間のムダ。
2343 転記作業を半分にする。
2344 一冊の本に3つ「ためになること」があれば十分である。
2345 モノは持っているだけでコスト化がかかる。
2346 住まいは「自分を取り戻す」場所である。
2347 「才テク」はコストをかけない。
2348 楽観的になること。
2349 「適当」にやる。
2350 「間」を楽しむ。
2351 人の良い面を見るようにする。
2352 買い物のダンドリはまずリストアップから。
2353 日ごろの生活にはムダがたくさんある。
2354 品性は「強さ」から生まれる。
2355 良いものを長く大事に使う。
2356 面倒なことは小さいうちに片付ける。
2357 人づきあいは「見返り」を求めない。
2358 自己主張がないと断れない。
2359 相手が「キレめ」前に手を打つ。
2360 必要以上にモノを持つと疲れる。
2361 元はとらなくて良い。
2362 机、部屋を片付けると気持ちがすっきりする。
2363 時間はお金より大切である。
2364 タスクは実行日を決め、スケジュール化する。
2365 「先延ばし」は時間の借金である。
2366 モノに捨てる日付を書いておく。
2367 何のために段取るかを考える。
2368 「居合い抜き」のように毎回元の状態にもどす。
2369 みんなの役に立つ本はない。
2370 フィーリングが合う本は残す。
2371 自分を持っている人は他人ともうまくやっていける。
2372 「ここ一年間」使うかを基準にする。
2373 「考えること」「考えないこと」を決めてしまう。
2374 机の上はアナログ時計を置く。
2375 「相手が喜んでくれてうれしい」という気持ちを持つこと。
2376 「余分な情報」は雑音になるのでいらない。
2377 上司には、企画段階で一度相談する。
2378 デスクから「紙」と「ガラクタ」を追放する。
2379 相手の行動や考え方をコントロールしようとしない。
2380 いらない情報は元から絶つ。
2381 話してもわからない人に、貴重な時間とお金を浪費しない。
2382 「安心感」「安定感」「信頼」のある人になる。
2383 ものが乾くには時間がかかる。 →まず干してその間、何かをして待つ。
2384 人から言われたことは、すぐに返事を返す。
2385 システム手帳はインデックスで検索のスピードアップをする。
2386 システム手帳の中央には、差し替えの多いものを入れると使いやすい。
2387 システム手帳のとっさのときのたてインデックス。 → すぐに書き込みページを開ける。
2388 寝坊は普段より1,2時間だけにする。
2389 スケジュールは「アポイント」と「作業・タスク」に分ける
2390 人のアタマを使ってしまう
2391 絵は自分の感じたままに描けばいい
2392 トレードマークのスタイルをつくる
2393 15分1ユニットで時間を考える
2394 わからないところがあってもとりあえず先に進む →そのうちわかるようになる
2395 異なる科目を交互に組み合わせる
2396 友人は数人いればよい
2397 マンガの力を借りて一気にインプットする
2398 まず緊急費をためる
2399 割引・クーポン・ポイント制度を使わないこと
2400 使えないものを捨てる
2201 下書きフォルダにメールの定型文を入れてしまう
2202 ジェントルマンとは何か
2203 実戦で使うことを想定した勉強・スキルアップをする
2204 習慣が人生をつくる
2205 キャッチコピーを大切にする
2206 威張ったら負けである
2207 アイディアは馬上、枕上、廁上 三上の法則
2208 時間を大切にしない人は、自分の命を大切にしていない
2209 仕事量を減らす交渉をする
2210 かっこ悪くていいじゃない
2211 寝る前に自分に人にありがとう
2212 一時間半早く家を出る
2213 使う本はアクセスタイムを重視する
2214 常に上位者の視点に立つ
2215 仕事はチームでの共通認識から始める
2216 ステークホルダーを整理する
2217 ルーティンは作業内容を確認してさばく
2218 心を亡くすと書いて「忙しい」、亡くした心と書いて「忘れもの」
2219 マイナスパワーの人とはつきあわない
2220 機能しない人脈をきること
2221 アフター5の会合は週末をさけるは会社名を口にしない
2222 モノが多いとひとつのモノに関わる時間が少なくなる
2223 カバンの中に認印を入れておく
2224 トランク一つに納まるように生きる
2225 収納はいる所、使うところにおくこと
2226 自分宛にToDoリストをメールする
2227 書類を片っぱしから捨てる
2228 心配の種はその場で解決する
2229 ほめられて人は育つ
2230 いかに少ない時間で多くのものを生み出すか→最大限のアウトプット
2231 病気は時間を無駄にする
2232 相手からみた時間を大切にする
2233 スピードが速ければ机の上に仕事が残らないので、いつもきれいである
2234 仕事は細切れにせず一気に片付ける
2235 手を動かすと頭も動き出す
2236 がんばり量よりアウトプット量
2237 人の意見に賛成できないときは、まずいいところをみつけること
2238 人に教えることで存在感が出る
2239 上司はトラブルシューティングに使う
2240 自慢はしない
2241 徒党を組まない
2242 「このままでいいんだ」と思えば自信ができてあせらなくなる
2243 高圧的な人は「対人関係が苦手なんだな」と思ってやる
2244 こだわらずに人のいいとこ取りをする
2245 休日の寝だめはやめる
2246 他人の長所に学ぶようにする
2247 Win-Win
2248 時間をつくることに時間を使おう
2249 本はピンときたら手に入れる
2250 ここでやらずにどこでやるのか
2251 ワンランク上の服を着る
2252 朝早く来ているから、早く帰るのは仕方がないと思わせる
2253 いらないものはテキパキ捨てる「残業しないキャラ」をつくりあげる
2254 考える時間をつくる
2255 些細なことに目くじらを立てない
2256 月曜日・金曜日にアポを入れない
2257 好きな本は一気に読んでしまう
2258 死ぬ前の一時間を残業代で売り渡せるか
2259 いつまでもあると思うな時間と命
2260 インプットは体系立てて行う
2261 書類に日付を入れる
2262 トラブルを回避するためにメモを取る
2263 郵便物はその場で処理する
2264 引き出しには使うものだけ入れる
2265 手に負えない情報は捨てる
2266 専用の電話・伝言メモを使い、手間を省く
2267 整理しなくてもいい仕組みをつくる
2268 整頓とは、いるものを使いやすいようにならべること
2269 人、モノを待つのは無駄
2270 何かをする始めと終わり以外は機械に任せ、その間別作業をする
2271 ブランドははっきりさせる
2272 ブランドはわかりやすくする
2273 夜討ち朝駆け
2274 常にアクティブウェアで臨戦態勢
2275 人に期待しない
2276 メモすることにより不安をなくす
2277 忘れない仕組み作りをする
2278 手に負える仕組みをつくる
2279 レポート作成のために本を読む
2280 メーラビアンの法則を利用する
2281 業界の常識を持っていること
2282 手帳に書いたことは忘れること
2283 マイナスの文章を読まない
2284 自分の使いやすいメモシステムをつくる
2285 スケジュールは50%までうめる。あとはフリーにしておく。
2286 ポストイットは他の場所にそのまま貼れる
2287 スケジュールには2、3割ゆとり、すきまを持たせて組んでいく。
2288 「ついで」にできることをいつも持っておく。外出、待ち時間は結構ある。
2289 用件はすぐにメモする。
2290 アイデアメモは手帳に携行し、あちらこちらに散らかさない。
2291 メモはキーワードで書く。速記のようにすべて書かない。
2292 手帳の表1、表2はポストイットを貼る
2293 手帳には「考える時間」を入れておく
2294 手帳とメモの組み合わせシステムをポストイットでつくる。
2295 手帳のスケジュールにデッドラインマークを書いておく。
2296 手帳のスケジュール欄は、時間の目盛りが自分の生活に合ったものを使う。
2297 手帳に趣味の情報欄をつくる。
2298 ファイルボックスを使って家庭の情報整理をする。
2299 書類をファイリングしておくと、必要な情報がすぐに取り出せる。
2300 アポイントを取る時は、2,3候補をあらかじめ決めて相手に提案する。
2101 メモは一件一葉にする。
2102 情報はその場で整理し、すぐ使えるようにする。
2103 「後でやる」のは「やらない」と同じである。
2104 死んだらモノは使えない。
2105 他の人がわかるように整理しておく。
2106 いつ捨てるか明記しておく。
2107 人を探すのは時間の無駄。
2108 ゴミを半分にする。
2109 教材は一気にそろえる。
2110 靴には気を配る。
2111 あるべきところにあるべきモノを置く。
2112 「才テク」は軽い気持ちでやる。
2113 バイタリティを持つこと。
2114 お金で買えるものは買う。
2115 小さなことこそ楽しむ。
2116 いいことはすぐに習慣にする。
2117 料理と同じようにダンドリはゴールから逆算する。
2118 いつも使う棚にはいらないものは置かない。
2119 自分より弱者にやさしく、ていねいに接する。
2120 身だしなみを人任せにしない。
2121 期限の前に途中報告をする。
2122 エンディングを気持ち良く締めくくる。
2123 先読みをする。
2124 空気を読みつつ、無理をする。
2125 分類は自分の基準で良い。
2126 多くのことについてのこだわりを捨てる。
2127 量をこなすと型が見えてくる。
2128 「お金」を創るのは「時間」である。
2129 スケジュールの空き時間を見えるようにしておく。
2130 宿題の提出は7月31日に決める。
2131 仕事は「因数分解」する。
2132 ダンドリは手段であり、目的ではない。
2133 机の上は一度に一件のことにする。
2134 読書は「学習」と「情報収集」にわける。
2135 好きな感じの本は残す。
2136 自分で変えられるところだけに目を向ける。
2137 カバンの中は帰ったらすぐ整理する。
2138 小さなことで悩むなら紙に書き出す。
2139 デスクのセンター引き出しは「バッファー」にする。常に空にする。
2140 「人の役に立つこと」を考える。
2141 「気の使いすぎ」はムダなのでやめる。
2142 「やり直し」をなくせば、3倍、5倍のパフォーマンスになる。
2143 「時間がかかるから」と言い訳をしない。
2144 人と意見がぶつかったら、「本来の目的は何か」と考える。
2145 人からの評価を上げるために行動しない。
2146 毎日のサイクルに「メンテナンス」を組み込む。
2147 自分の「失敗談」はどんどん話してしまう。
2148 人が何かをするには時間がかかる。 →まずはお願いしておいて、しっくり結果を待つ。
2149 人から頼まれたことは、すぐにやる。
2150 システム手帳は情報の新陳代謝を大切にする。
2151 システム手帳の前半には、書きにくいので、記入しないリフィルを入れる。
2152 システム手帳には、いらないリフィルは入れない。
2153 寝坊は気持ちの問題だけである。そんなにつらくない。
2154 未来の時間をコントロールする
2155 やればできる、けれども人より時間がかかる場合がある。
2156 納得するための時間を大切にする
2157 本物の勝者には敗者は不要である
2158 上の批判はしないこと。
2159 人事考課のポイントをおさえる
2160 まず全体像をおさえる
2161 予習8割、復習2割
2162 結論は15分以内に出す
2163 赤線を引くか迷ったところは引かない
2164 総合口座を家計簿がわりにする
2165 カードを使わないこと
2166 あふれているものを減らす
2167 サンプル・割引券・クーポン・景品・おまけ・記念品はもらわない
2168 メールは「受信」「返信」を同じフォルダに入れる
2169 捨てやすいものから捨てる
2170 ガイドブックは使ったら捨てる
2171 100日のうち1日だけ使うものなら99日はいらないもの
2172 作業が終わったら机の上をきれいにする
2173 いやな人、馴れ合いを8割捨てる
2174 アポは自分中心でとる
2175 モノ捨てる日をスケジュールに入れる
2176 人という腐れ縁・ゴミをすてる
2177 モノは紐で結んでなくならないようにする
2178 混雑を避けるようにする
2179 同じ機能のものはひとつだけ持つ
2180 とっておくことが大切にすることではない
2181 箱からはみ出たら捨てる
2182 整理する時間は無駄である
2183 人脈は年賀状の時期に整理する
2184 カバンは皮がいたんだら捨てる
2185 捨てるか残すか決める
2186 何から手をつければいいんだろう
2187 そのこと自体知らないのか、やり方がわからないのか区別する
2188 自分には無理
2189 時間の使い方を整理すると人生がシンプルになる
2190 自分の権利ばかり主張する人はいらない
2191 人のことを根掘り葉掘り聞いてくる人はいらない
2192 アドレス帳の数が多くても人気者ではない
2193 相手にしゃべるだけしゃべらせる
2194 人付き合いは無駄
2195 無駄な定期購読は中止する
2196 古いものを捨てないと新しいものは入らない
2197 他人の時間を買う
2198 3日かかることを1日でする
2199 忘れてもできる仕組みをつくる
2200 必要でないことはやらない
2001 時間のブツ切りを避けたほうが良い
2002 感情を含んだ言葉で相手に伝えないこと
2003 カジュアルはマークや色を少なめに
2004 「出ても打たれない杭」になるようまわりをマネジメントする
2005 まめまめしいは忠実忠実しいと書く
2006 アクティブ思考
2007 負けず嫌いのパワーは長続きしない
2008 要は敵対しないこと
2009 できる人はコツを身につけている
2010 就寝時刻より起床時刻を固定する
2011 仕事はプロフェッショナルになる
2012 バイブルとなる本以外場どんどん捨てる
2013 時間の見積は1.5倍で考える
2014 「人は反面教師」、先生である
2015 今やらずにいつやるのか
2016 段取り八分、実行二分
2017 朝型ブランドをつくる
2018 今の仕事に必要なものをてもとに用意しておく
2019 プライムタイムを作る
2020 部下に対してもきちんと謝る
2021 午前中にやりたい仕事をやってしまう
2022 テレビ・ラジオは選ぶ
2023 死ぬ前の一時間も残業している一時間も同じである
2024 土曜日はアクティブに過ごす
2025 「どれだけやったか」ではなく「どれだけアウトプットしたか」で考える
2026 サイズや形は統一する
2027 外出セットをいつも用意する
2028 不要な本を捨て、必要最小限にしておく
2029 引き出しの中に不要なものは入れない
2030 繰り返し手に入る情報は捨てる
2031 ファイリングは定位置をキープする
2032 整理は時間の無駄
2033 整理とは、いるものといらないものを仕分けて捨てること
2034 人。モノ、情報を探すのは無駄
2035 メモはいつも同じ紙に
2036 自分のウリは何かをよく考える
2037 ブランドは価値である
2038 電話を受ける時間を制限・コントロールする
2039 サブシステムはシステム手帳でおこなう
2040 人に強制しない
2041 「知る」ことで不安をなくす
2042 テマヒマかけないように簡略化する
2043 そこそこできる仕組みをつくる
2044 アウトプットできるように本を読む
2045 ワイングラスと紙コップどちらのワインを選ぶか
2046 自分ストーリーをつくる
2047 予定は動詞まで書く「~する。~いく。」
2048 マイナスの映像を見ない
2049 いつでも使えるポストイットでメモを取る
2050 ToDoリストをこなす時間をスケジュールに入れておく
2051 ポストイットはそのまま人に渡せる
2052 ToDoリストは一元化する「消していく喜び」を楽しむ
2053 スケジュールは自分の都合が最優先である。
2054 一人作業もスケジュールに入れておく
2055 メモのツールはなるべく一つにする
2056 手帳には自分が必要とする情報しか書かない。
2057 手帳を使って頭の中を空っぽにする
2058 手帳には「ブランク時間」もいれておく。
2059 手帳は「人脈管理ステーション」として使う。
2060 手帳のスケジュール欄はタイムゾーン化するとよい。
2061 手帳に余計なものはいらない。
2062 手帳を落としたときの対策をしておく。
2063 デスクトレイを使って家庭の手紙の整理をする。
2064 書類をファイリングすると、ストレスが減る。
2065 アポイントは曜日の確認もしておく。
2066 「オン」と「オフ」のどちらも自分の時間である。むしろ一人の自分が「チャンネルを切り替える」と考える。
2067 二度同じことをやらないで済むようにする。
2068 一度に一つのタスクを行う。
2069 タスクリストには、「考えること」「準備すること」などの課題を入れておく。
2070 裏紙は間違いのもとになるので使わないようにする。
2071 時間は自分が置かれた状況で「ものさし」が伸び縮みするので感じ方が変わる。
2072 選択することに時間をかけないこと。
2073 「迷う時間」を減らす。
2074 必要十分、必要最低限で済ませるようにする。
2075 「手続き」を減らす。
2076 オーソドックスなものを使う。
2077 チャンスを逃さないこと。
2078 必要なモノを必要な時に必要な量だけ持つようにする。
2079 メンテナンスフリーのモノを使う。
2080 下書きは残さないで捨てる。
2081 心も身体も早目のメンテナンスをする。
2082 気がついたときに不要なものを捨てる。
2083 中間点を決めておく。
2084 相手の反応・動きをおり込んで行動する。
2085 身体はこの世だけで使える「借り物」である。
2086 自分で持たずに人に持ってもらう。
2087 パソコンは「フロー」として考える。
2088 振り込みをしなくてよい仕組みをつくる。
2089 自分の目的・用件・ゴールを先に伝える。
2090 使ったモノは元の位置にもどす。
2091 操作感のある道具を使う。
2092 下調べをしてチャンスを待つ。
2093 他人の嫌なところには「鈍感」になる。
2094 人に振り回されすぎない。
2095 結果を出せなければ、プロセスは評価されない。
2096 動きながら考えることもできる。
2097 メールの返信はなるべくしない。
2098 色による区別を活用する。
2099 しまわないモノのケースはいらない。
2100 フローチャートで流れをつかむ。
1901 大きなものからトランクにつめる。
1902 モノは自分の机に置いた途端に「自分のもの」になる。
1903 片づけのルールを紙に書き出す。
1904 使う頻度により、モノをおく位置を変える。
1905 40歳まではインプット中心、40歳からはアウトプット中心に考える。
1906 「過剰品質」をなくす。
1907 「言った」「言わない」は文章化でゼロにする。
1908 未来を見て仕事を始める。
1909 相手のことを考えると自然とやるべきことが見えてくる。
1910 努力は自分が思っているほど人に伝わっていない。
1911 正しくやれば、やり直しをしなくていい。
1912 「弱気」は相手に伝わる。
1913 場所を移動するには時間がかかる。→まずはゆとりをもって乗り込んで、移動してついでに何かをしてしまう。
1914 見た目は清潔にする。
1915 システム手帳は常にアクティブに保つ。
1916 手帳とデジタル両方で同じことをしないようにする。
1917 システム手帳リフィルはどんどん捨てる。
1918 休みの日でも同じ時刻に起きるようにする。→リズムが狂うと「ブルーマンデー」になる。
1919 アナログ時計を使う
1920 できる人は悩まない
1921 聴かなくていい話は聴かない
1922 人の目にどう映ろうと気にしない
1923 然るべき態度をとること
1924 クローズドクエスチョンでイエス・ノーをひきだす。
1925 自分のバイブルとなる本を使い倒す
1926 学習計画を一覧表にして、終わったらマーカーで消していく
1927 昼休みや週末にATMに並ばないこと
1928 合わない本・参考書はすぐ捨てる
1929 カードは1回払いにする。
1930 保険をかけないこと
1931 A4 一枚でまとめる
1932 タダのものはもらわない
1933 メールは「処理すること」から出すときに終わる
1934 中身の見えるクリアフォルダーに入れる
1935 回覧物をコピーしない
1936 新しいものから使い、古いものは捨てる
1937 見た目より取り出しやすさで整理する
1938 しなくていいことを8割捨てる
1939 机上には毎日使うものだけを置く
1940 モノを捨てる日を決める
1941 書類は「ファイルする」か「捨てる」
1942 裏地が黒いカバンはモノが見つけにくい
1943 「バターをのこぎりで切るな」適切な道具を使うこと
1944 ペンたてに同じ機能のものは入れないこと
1945 モノは使い切る
1946 モノは1つ買ったら1つ捨てる
1947 リビングにモノを置かない
1948 人脈は年末に整理する
1949 カバンは金具がさびたら捨てる
1950 やることを全部机の上に並べる
1951 100点でなくてもいい、60点でもやりきることが大事
1952 何がわからないか考える
1953 そんなのどうだっていいじゃない
1954 何で自分がやらなきゃいけないの
1955 失敗を人のせいにする人はいらない
1956 時間にルーズな人はいらない
1957 ホームパーティーに無理やり誘う人はいらない
1958 「私だったらこうする」と話しかける
1959 急な来客は無駄
1960 業界紙はおさえておく
1961 クロージングを決めてから行動する
1962 ゼロからつくりはじめるのは無駄
1963 葬式には行かない
1964 今いるメンバーを前提に考えるしかない
1965 アウトプットしないものはインプットしない
1966 定型のあいさつ文は署名に入れてしまう
1967 ティータイムを楽しく過ごす
1968 得意分野を掛け合わせた「オンリーワン」をめざす
1969 だめな上司なら自分が好きに動ける
1970 自分のウリに独自性・希少性をつくる
1971 いつも明るく笑顔でいること
1972 人より一足先に動き出す
1973 時間を大切にしない人は、自分の生き方を大切にしていない
1974 ToDoリストの日付ごとのリストを常に確認する
1975 かっこ悪いことも受け入れる
1976 マイソングで元気をつける
1977 手紙の返事はその場で書く
1978 本は一冊20分で読む
1979 二段階上の上司を使う
1980 仕事の棚卸しをする →まず把握すること
1981 リスクを洗い出し、想定の範囲を広げておく
1982 ルーティンは目的を確認してさばく
1983 心の大掃除をする
1984 不快な人とはつきあわない
1985 自分をほめること
1986 仕事の山と谷を平均化する
1987 人が一度にやれることには限度がある
1988 カバンの中にバッグを入れておく。
1989 収納が多いと「死蔵」が増える
1990 生活と収納を結びつける
1991 メールはすぐ返信する
1992 仕事は断る
1993 こんなことをすぐに決めてはと決めないのか失敗するのがいやで決めないのか
1994 「いつでもいいですよ」と指示を出す
1995 汗の量は評価されない、すべて自己満足である
1996 すぐできることはすぐに片付ける
1997 人と会う回数をへらす
1998 宵越しの仕事は持たない
1999 長期の仕事は作業を分解して短時間で片付ける
2000 2ランク上の人と同等に話せるようにする
1801 第一印象を良くする
1802 ブランドは専門家だと思わせること
1803 電話は自分の内線に集める、他人の手をわずらわせない
1804 タスクの間は話さない
1805 人を変えようとしない
1806 「決める」ことで不安をなくす
1807 テマヒマかけないように自働化する
1808 うまくできる仕組みを作る
1809 気に入った著者の本をまとめて読むと考え方やバックグラウンドがわかる
1810 紙皿と盛皿どちらがおいしそうに見えるか
1811 トレードマークをつくる
1812 締め切りは二段構えで設定する
1813 持ち物リストで明日の準備をすませておく
1814 手帳にはスケジュール、ToDoリスト、メモ・リファレンスの機能を持たせる
1815 定期的な作業・イベントをToDoリストにしておく
1816 メモは片面だけ使う
1817 スケジュールは「次に何をやろうか」と考えないためのしくみである。
1818 スケジュールは他人の予定に振り回されないように立てる。
1819 手帳のメモ欄にポストイットを貼り、ライフイベント、持ち物リスト、アドレス、などを携帯しておく。
1820 メモはスマートにかっこよく取る。
1821 連絡先メモは、手帳のその日の欄に書いておくと便利。
1822 「ただの手帳」が使いやすい
1823 手帳には、予定とイベントを入れる
1824 手帳は自分のマネージャーである。
1825 年鑑スケジュールにはイベントなどを書いておくとよい。
1826 いつも同じ手帳を使う。
1827 手帳はデスクの定位置に置く。
1828 デスクトレイを使って情報の出入りの整理をする。
1829 書類をファイリングすると、頭が整理される。
1830 アポイントの前後にゆとりを持たせる。
1831 手帳は自分の頭の延長である。
1832 「やりたいことリスト」「ウェイティングリスト」をつくる。
1833 机の上に極力モノを置かない。
1834 タスクリストには、「アポイント」「依頼されたこと」「トラブル」など急に入ったことを入れておく。
1835 メモは貼ってはがせるポストイットに書く。
1836 時間は万人に平等である。
1837 使わないものは持たないこと。
1838 一度で済ませるようにはじめからきちんとやる。
1839 物事をていねいにやり過ぎない。
1840 決まっていることはあらかじめ盛り込んでおく。
1841 汎用性のあるモノを使う。
1842 心を犠牲にしないこと。
1843 情報は誰でもアクセスできるようにする。
1844 道具は使いやすい使い方で使う。
1845 メモ自体は残さないで捨てる。
1846 自由がなくなると時間がなくなる。
1847 無意識にできるようにする。
1848 時間を追う。決して追われないこと。
1849 スケジュールは一元化する。
1850 身体は1つしかない。
1851 「ミニマムリスト」をつくる。
1852 気に入らないモノはデッドストックになる。
1853 モノを買わない仕組みをつくる。
1854 ステップの少ない動きを心がける。
1855 動くついでに1つ整理する。
1856 自分の手になじむ道具を使う。
1857 チャンスを捉えるための準備を常にしておく。
1858 あまり「こだわり」を持ちすぎない。
1859 人の目を気にしすぎない。
1860 目的が達成できるならプロセスには目をつぶる。
1861 判断すること自体に時間をかけすぎない。
1862 聴かない曲は録音しない。
1863 念のための確認を入れる。
1864 道具は使う場所に用意する。
1865 資料・アイデアは図にするとわかりやすい。
1866 会議グッズをひとまとめにしておく。
1867 たくさん持っていると、整理する必要が出てくる。
1868 一秒、一秒の積み重ねを大切にする。
1869 モノは必ず決めたところに戻す。
1870 メールアドレスは年に一、二度確認する。
1871 すでに知っているものは捨てる。
1872 資料はA4一枚にまとめる。
1873 残業を半分にする。
1874 タスクリストはマニュアルと同じ。
1875 名刺入れ、手帳、ペン。カバンはお金をかける。
1876 ベーシックで上質なものを持つ。
1877 「才テク」は好きなこと、やりたいことをやる。
1878 「足るを知る」こと。
1879 中古車とクラシックカーは違う。
1880 仕事以外に肩書きを持つ。
1881 長所か短所かを決めるのは自分である。
1882 やろうと思ったら「いつやる」か決めて、手帳に書く。
1883 モノを捨てるとそのことを二度と考えなくてよくなる。
1884 相手によってコロコロ態度を変えない。
1885 一人でいるときも人がいるときも同じ振る舞いをする。
1886 待っている時間、相手は不安である。
1887 「すみません」より「ありがとう」とお礼を言う。
1888 「言葉」より「行動」で示す。
1889 自分軸を持つ。
1890 仕事を細かく分ければ不安がなくなる。
1891 目の前に起きていることはすべて事実である。
1892 不安要因をすべて書き出して顕在化する。
1893 「時間があればできる」と思っていても結局できない。
1894 記憶に頼らないで書き出す。
1895 すべてのものに定位置を決める。
1896 タスクリストは「テトリス」と同じである。
1897 パソコンより専用の機械を使う。
1898 自分あての情報の入口は一つにする。
1899 新しいことを始めるときは、市場調査をする。
1900 好きな著者の本は残す。
1701 まだ使えても使わないものは捨てる
1702 「今」-「余計なもの」=「大切なもの」
1703 書類はトレーで受ける
1704 交渉は決定権のある人とする
1705 使いかけのものはずっと使わない
1706 財布・バッグから片付けをはじめる
1707 外出のときの持ち物をひとつにまとめる
1708 メモは黄色のポストイットを使う
1709 好きな人以外とはつきあわないこと
1710 モノを大切にするということはモノを使うということである
1711 「いつか捨てるモノ」と「絶対捨てないモノ」を決める
1712 自分にとっての「定番」「定量」「定位置」を決める
1713 人脈は年一回整理する
1714 靴はかかとがすり減ったら捨てる
1715 やることを全部書き出す
1716 自分にとって意味のあることをやる
1717 できないことはしない
1718 何でそんなことを言われなければならないの
1719 そんなにたくさん言われても困るよ
1720 思いつきでものを言う人はいらない
1721 うやまらない人はいらない
1722 秘密が守れない人はいらない
1723 共通の敵をつくって距離を縮める
1724 電話・伝言メモはフォーマットを使う
1725 自信たっぷりにふるまう
1726 交渉は強い気持ちでする
1727 にっこり笑って話をまとめよう
1728 NGな人とはもめない
1729 自由に生きるために健康を維持する
1730 一万円と名刺は3箇所に入れておく
1731 ファックスの送り状には必要なことをすべて入れる
1732 休日は外で食べる
1733 尖った能力を身につける
1734 だめな組織なら自分がエースになるチャンスである
1735 なりたい自分ブランドをつくっていく
1736 つきあう相手は厳選する
1737 ホウレンソウは先手必勝で行う
1738 効率性よりも自分がどう生きたいのか
1739 ToDoリストは実行日を決める
1740 見せる自分と本当の自分のギャップが大きくなると自分がつらくなる
1741 今を生きる
1742 電話は朝つかまえる
1743 本は情報ツールである
1744 教えを請う
1745 「問題」と「課題」とを分けて考える
1746 スケジュールはチャート化する
1747 クリティカルパス「危険性の高い経路」を先手を打って避ける
1748 中間報告を忘れないこと
1749 冷や水を浴びせる人とはつきあわない
1750 ポジティブな考え方をすること
1751 仕事の書類はすぐにファイルして手もとにおかない
1752 モノを買わずに済ませる方法を考える
1753 雨の日はかさ用のビニール袋をカバンに入れておく
1754 「モノ」と「空間」どちらも大切
1755 モノは使う場所に収納する
1756 100パーセントベストよりもその場でベストを尽くす
1757 仕事をやり過ぎない
1758 なぜ決められないか
1759 他人にすぐにやってもらおうと思えば、まず自分がやること
1760 切れないのこぎりで木を切らない
1761 在庫、手持ちはなるべく減らしておく
1762 約束の時間はぴったりと一分でも早い・遅いはなし
1763 問題は2分以内に解決する
1764 ノウハウは盗むものである
1765 悪い情報は早めに、いい情報は遅めに伝える
1766 分けることはわかること
1767 WINはメリットがあること、落としどころや折り合いではない
1768 カジュアルはいつ誰と会っても恥ずかしくない格好
1769 自信を創り出す
1770 調整・クレーム対応を引き受ける
1771 物事をプラスにとらえる
1772 人生にはいろいろな「勝ち方」がある
1773 ほとんどのことはさっさとやれば家具に片付く
1774 自分の本棚は求める世界そのものである
1775 決まった時間に起きること
1776 成功したら「おかげさま」、人のおかげと考えよう
1777 本はテーマを絞ってまとめ読みする。10~100冊
1778 週単位で考える
1779 約束の時間はジャストオンタイム、1分前でも1分後でもない。
1780 過去の時間は管理できない
1781 計画のための時間をつくる
1782 前半主義でいく
1783 情報収集はあらかじめ限度を設けておく
1784 スキマ時間はまとめてつくる
1785 パフォーマンスの高い人はあやまり上手
1786 組織の悪口を言わない
1787 5分前行動をする
1788 残業代を稼ぐより、自分の時間を選ぶ
1789 土日から一週間は始まる
1790 昼食をパターン化する
1791 情報は可能な限り一箇所にまとめる
1792 「あとでやる」は「やらない」と同じである
1793 多くの本から自分だけの本を作る
1794 ファイルは自分が必要なものだけ残す
1795 寿命の短い情報は捨てる
1796 宿り木となる喫茶店などを決めておく
1797 情報は時間がたったら捨てる
1798 ファイル・書類は立てる
1799 本棚は同じテーマは同じ棚に
1800 情報はジャストインタイムで
1601 メモ・名刺・はがき・書類など受け取ったものには「日付スタンプ」を押しておく。
1602 同じ失敗を2度繰り返さないこと。
1603 一度で済むことを二度やらない。
1604 人のやり方を受け入れる。
1605 相手の特性を把握する。
1606 同じ機能のものを複数持たない。
1607 必要なものにはきちんとお金をかける。
1608 情報は一覧できる形でまとめる。
1609 「ついでに」を大切にする。
1610 感覚的にわかりやすいものを使う。
1611 病気になると自由がなくなる。
1612 何でも習慣化してしまう。
1613 分割して考える。
1614 自分との約束を予定に入れておく。
1615 一生のうち、あと何回使うか考える。
1616 木は森に隠れている。
1617 「お気に入り」のモノだけ使う。
1618 床を広くする。
1619 余計な機能を持ったモノを使わない。
1620 同じ種類のものをひとまとめにする。
1621 自分の感覚に合う道具を使う。
1622 チャンスは逃さないよう、その場で捕まえる。
1623 物事を数字で把握する。
1624 自分と全く同じ考えの人はいない。
1625 あきる前にタスクを切り替える。
1626 「時間はスーツケース」、つめ方次第でいくらでも入る。
1627 ザッピングをしない。
1628 あらかじめ電話をして確認してから訪ねる。
1629 道具は身銭を切って買う。
1630 資料は時系列に並べるとわかりやすい。
1631 旅行グッズをひとまとめにしておく。
1632 洋服を5着しか持たなければ、整理の必要がない。
1633 メディアは時間をロスしやすいので注意する。
1634 すぐに取り出せるように見えるようにしておく。
1635 リモコンと本体に同じ番号シールを貼るとわかりやすい。
1636 自分と関係ないものは捨てる。
1637 通話は3分以内と決める。
1638 モノの数を半分にする。
1639 ツールはシンプルかつ少なくする。
1640 身銭を切って行動する。
1641 大事なもの以外何もいらない。
1642 ○○らしさにこだわらない。
1643 常にフェアであること。
1644 「今」を楽しめないと、永久に楽しめない。
1645 自分の都合でお金と時間を使う。
1646 「知ったかぶり」をしない。
1647 思いついたら手帳にスケジュールを書き込む。
1648 予定が変更になったらタスクリストの次のタスクを淡々とこなす。
1649 正々堂々と生きる。
1650 人に迷惑をかけない。
1651 休日には「ワクワクする」非日常を。
1652 余計なことは言わない。
1653 「さりげなく」振舞う。
1654 不得意なことはとりあえずほっておく。
1655 仕事の詳細がわからないから不安になる。
1656 どんな環境もそれなりに楽しんでしまう。
1657 試験には「知っている問題」と「知らない問題」しか出ない。
1658 やるべきことを残さない。
1659 「次に何をやろうか」と迷うことはムダ。
1660 一目でわかるように整理する。
1661 書類を残すと「気になる」ので残さない。
1662 テレビはリアルタイムで見ない。
1663 「必要な時にそこにある」ことが大切。
1664 ファイルはできるだけ薄くする。
1665 手もとに残す本を決める。
1666 時間・空間・人間の環境設定を行う。
1667 自分のエリア・領域にできるだけモノを持ち込まない。
1668 フローは時系列、ストックは50音順に整理する。
1669 共有できるものは自分のまわりに置かない。
1670 「成り行き」ではなく、自分で流れをつくる。
1671 アウトプットがなければ、努力は評価されない。
1672 手帳をポストイットにはさんでおく。
1673 まわりの雑音を消す。
1674 「もうどうにもならない」と思ったら、流れに身をまかせてみる。
1675 自分の努力の十分の一しか人は見てくれていない。
1676 正しく伝われば、相手から聞き返されない。
1677 職場にも社会にも「公明正大」であること。
1678 ものを動かすには時間がかかる。 → まず動かして、じっくり待つ。
1679 疲れたら早めにやすむ。
1680 システム手帳は残したいものだけ残す。
1681 システム手帳は用途別に使い分ける。
1682 システム手帳でスケジュールを管理しない。 → 手帳に一元化する。
1683 武道では、飛んでくる矢は「打ち落とす」のではなく、「よける」のが鉄則である。
1684 周囲に「時間を大切にする人」と思わせる。
1685 頭の中、心の中はいつでも自由だ
1686 早く終わりそうなことから手をつけて、相手するタスクを減らしてリストを軽くする
1687 他人の言動に左右されない
1688 いつも笑顔でいること
1689 「自慢話」はしない
1690 自分のバイブルとなる本を探す
1691 アンダーラインは二度目にひく
1692 アフター5の会合は週末をさける
1693 自分のノートよりプロの資料・参考書を使う →書き込みをする
1694 我慢できるものだけ節約する。他は無理しない。
1695 自動車を持たないこと
1696 使ったらもとの場所に戻す
1697 文具はまとめて使う場所に収納する
1698 ひな型の文書を使いまわす
1699 自分で持たずに人に持たせる
1700 メモや書類は一度読んだら捨てる
1501 重要な仕事は人についていく
1502 上司にはフォロワーシップ
1503 時間の幸福度というものさしで考える
1504 作業の途中で「新しいやること」を思いついたら、すぐにメモしてもとの作業に戻る
1505 できないものはできない
1506 今の自分はもはや過去の自分ではない
1507 雑誌は目当ての記事だけ読む
1508 待ち合わせは本屋でする
1509 一番よくわかっている人に仕事を任せる
1510 「忙しい」と言わない
1511 前後関係と依存関係をおさえる
1512 自分の時間は30パーセントである
1513 悪い報告はなるべく早くする
1514 エネルギーを吸い取る人とはつきあわない
1515 「キモ」をはずさないこと
1516 目的をおさえ、求められている結果を出す
1517 文章は相手へのバリューとインパクトが大切
1518 情報は一期一会、後では見ない、その時が勝負
1519 今使わないものはずっと使わない
1520 シンプルとは判断基準に迷いがないということ
1521 完璧な仕事を求めたらきりがない
1522 相手の求める以上に仕事をしない
1523 5分前の原則
1524 まずは自分が努力すること
1525 あくまでも自分が主体で時間を使う
1526 安易に引き受けない
1527 相手のタイミングを狂わせない
1528 身銭を切る
1529 仕事が夏休みの宿題にならないうちに動き出す
1530 「済み」フォルダーをつくる
1531 残業は「時間切れ」と同じである
1532 相手にとって自分はどれほどのものなのかを考える
1533 スーツはVゾーンで着こなす
1534 感情を制御する
1535 上司に「あとは任せる」と言わせる
1536 後始末を頼まれる人になる
1537 まず自分が動く
1538 早くスタートすればマイペースで進める
1539 片付けはまず自分が動くこと
1540 テキストから吸収できなかったものは残念でしたと捨てる
1541 自分の得意分野を持とう
1542 新聞・雑誌はキーワード中心に読む
1543 空の器にはすべてが入る
1544 自分にとって大切な相手を大切にする
1545 平等に与えられた24時間をどう使うか
1546 15分1ユニットで時間を考える
1547 前半に重点を置く
1548 100パーセントをめざさない
1549 スキマ時間は作り出すもの
1550 気分や相手によってブレない
1551 思いつきで助言をしないこと
1552 コールバック・電話待ちをしない、こちらからかけ直す。
1553 「いつかやろう」はずっとしない
1554 金・土・日をプロデュースする
1555 「知っている人」を知っていることが大事
1556 書く前の段取りが大事
1557 情報整理はその場で行う
1558 人の情報は差し替え可能な形で一元化する
1559 不要なものは入口でとめる
1560 書類のコピーは捨てる
1561 情報はポストイット、ホチキス、マーカーで整理する
1562 情報は基本的に捨てるもの
1563 サラミソーセージ法でちょっとずつ切り崩す
1564 新聞は見出しだけ読む
1565 「要処理」は一箇所にまとめる
1566 ワープロに定型文登録をする
1567 ブランドは差別化である
1568 45分から59分までは予定を入れず予備時間とする
1569 タスクの間は人に会わない
1570 速くて、すごくて、おおらか
1571 結果か同じならどの道をたどってもよい
1572 テマヒマかけないように仕組みをつくる
1573 必ずできる仕組みをつくる
1574 ビジネス書を読む意味は人の数十年分の経験・試行錯誤を一瞬で理解できること
1575 食習慣・食生活をマネジメントする
1576 キャラクターを自分でつくる
1577 締め切りは前倒しに設定する
1578 終わったことは消しておく
1579 下書きを手書きにしてパソコンを使わない
1580 スケジュールはビジネスもプライベートも区別しない。すべて自分の時間である。
1581 電話メモのフォーマットをつくる
1582 手帳は外部記憶装置として使う
1583 スケジュールは自分主導型でたてる。
1584 手帳は用件により色分けする。赤アポイント、青タスク、緑行事、黒その他など
1585 メモは定位置、必ず同じ場所においておく。
1586 年中行事はあらかじめ手帳に記入し、ブロックしておく。
1587 手帳には「したいこと」「すべきこと」をかく
1588 手帳でタイムロックをする
1589 帰るためのアラームの仕組みをつくっておく。
1590 月間スケジュールに自分以外の予定を書いておくとよい。
1591 もらった手帳は使わない。
1592 上着のポケットに手帳の定位置を決めておく。
1593 小さなポーチを使って小物を整理する。
1594 伝言メモで上手に伝言する。
1595 アポイントは直前に確認すると間違いない。
1596 何が何でも定時にあがることを習慣づける。
1597 スケジュールで「スキマ」と「ついで」をうまく利用する。
1598 最小限のモノで仕事ができるようにする。
1599 タスクリストには、「ルーチン」「長期プラン」「イベント」「アポイント」などあらかじめわかっていることを入れておく。
1600 新しいバージョンの資料を手に入れたら、前のものはすぐに破棄する。
1401 役に立たないものは捨てる。
1402 次回の電話を時刻で約束する。
1403 書類の数を半分にする。
1404 歯みがきと同じように習慣をつくる。
1405 お礼は後から「上乗せ」する。
1406 何かのきっかけで整理・片づけをする。
1407 休日はちょっとだけ片づけをする。
1408 「時泥棒は十両の罪」
1409 「何かを失うこと」は「何かを得ること」
1410 「遅いこと」が贅沢であることもある。
1411 時代や社会のせいにしない。
1412 何をいつやるか「計画を立てる」、決めた計画に問題があれば「見直す」、決めた計画を「実行する」。
1413 仕事の「山」と「山」が重ならないように段取りをする。
1414 紳士は他人が自分のことをわかってくれなくても気にしない。
1415 時間を主体的に使う。
1416 「ビジネス財布」は「シンプル」「かつ「スマート」なものを使う。
1417 やりたくないことは早めに断る。
1418 誰にでも「フェア」であること。
1419 自分から相手の下に出るようなことはしない。
1420 「みんなで考える」は意味がない。
1421 天気は自分の力では変えられないのでくよくよしない。
1422 常にゴールをイメージする。
1423 「ためらう」「迷う」は時間を無駄にする。
1424 物事は「必要最小限」にする。
1425 新しいタスクはメモして忘れる。
1426 「ウサギ」+「カメ」でバッチリこなす。
1427 具体的な目標があるなら今日から始める。
1428 モノの置き場所は使用頻度で決める。
1429 「お手本」を集めて利用する。
1430 本はすべてのページを読もうとしない。
1431 とりあえず買い物かごに入れる。
1432 片づけの基本は「増やさないこと」である。
1433 片づけが目的にならないように気をつける。
1434 「手に入れないこと」が最良の片づけである。
1435 パソコンのデスクトップはすっきりさせておく。
1436 「アウトプット」がないと達成感がない。
1437 「怒り」は20秒以上続かないので、20秒我慢する。
1438 やり残したことは「気になる」ので真っ先に片付ける。
1439 どうしていいかわからなくなったら、一旦思考を停止する。
1440 自分がまず率先して動いてみせる。
1441 期日までにやれば、「やり直し」がきく。
1442 収納スペースはないほうが片づく。
1443 人は、思ったようには動かない。→ 選択や行動の幅をあらかじめ決めてやれば、思ったところにたどりつく。
1444 すべてに期日、デッドラインをつくる。
1445 システム手帳のリファレンスは少なめにする。
1446 システム手帳はメインとサブに分ける。
1447 システム手帳は必ず帰ってくるように持ち主データ・お願い事項を入れる。
1448 悪口は「毒蛇」と思え。受け取るな。→受け取らなければ、持ってきた人がそのまま持ち帰るしかない。
1449 休みの前の日は早く寝る → 休日はいつもどおり起きる
1450 どんな時、どんな場所でも「考えること」はできる
1451 「いつから」と「いつまで」を確認すること
1452 自分本来の気持ちで日々の生活をおくる
1453 「いっぱいいっぱい」にならないこと。
1454 時には「ハッタリ」を使う
1455 1日1時間研究を続ける
1456 気になることは、細かいことでもすぐに処理する
1457 「返事」と「お礼」は早めに出す。
1458 理解できたら資料はすぐ捨てる
1459 手取りの1割をためる
1460 アドレスは1つに集める
1461 デスクは自分の頭の中と同じである
1462 無駄なストックを減らす
1463 寝室に置くものを限定する
1464 片付けにテマヒマかけない
1465 一年着ない服はずっと着ない
1466 モノは2つ持てば二倍の場所をとる
1467 自分で自分をほめるといい気持ちになる
1468 トラブルは後回しにせず、すぐに片付ける
1469 忙しい人ほどその場で問題解決する
1470 読みかけの本はずっと読まないので捨てる
1471 家の本棚で立ち読みする
1472 外にモノのを持ち出すとなくなりやすい
1473 カバンは外にポケットがついていること
1474 好きなもの以外とはつきあわないこと
1475 お金は袋わけで管理する
1476 「生きモノ」と「死にモノ」
1477 家族みんなで使うモノはルールを決めておく
1478 人脈は量より質
1479 ベルトは穴が傷んだら捨てる
1480 書類受け・手帳・メモ・メール・パソコン・郵便など気にしない
1481 自分がやらなきゃいけないことだけをやる
1482 いずれ終わると思って進む
1483 面倒くさいことはやるかやらないか決める
1484 そんなにいろいろ言わなくても困るよ
1485 人前で威張る人はいらない
1486 ランチにつきあわなければいけない人はいらない
1487 酒グセの悪い人はいらない
1488 わからせたいことは相手の口から言わせる
1489 チェックシートを作る
1490 議論は立ち話ですませる
1491 カバンの中身はできるだけ少なくする
1492 一日の持ち時間は1440分
1493 NGな人には説明しない
1494 何をしないかを決める
1495 出欠に迷うイベントには行かない
1496 メールの署名欄には必要な情報をすべて入れる
1497 休日は散歩をする
1498 プロは制約条件の中でいかに目的を達成するかを考える
1499 お金がないなら使わずにできる方法を考える
1500 自分ブランドをつくる
1301 グチを言わない
1302 どんなときも存在感を持つ
1303 マイペースとは先行逃げ切りタイプのこと
1304 代役、代理はテストである
1305 テキストがいつまでも手もとにあると覚えられないので捨てる
1306 相手に何か嫌なことをされたら、「きっと悪気はなかったに違いない」と考えよう
1307 本の目次を読むこと
1308 スケジュールにはブランクが大切である
1309 気が合わない人、嫌な人とは仲良くしない
1310 みんな24時間平等である
1311 鯨一頭食べるには分割して食べる
1312 自分を励ます
1313 一番重要なことは「やりたいこと」
1314 あと3日の命だとしたらどうするか考える
1315 言動・行動に一貫性をもたせる
1316 人前で叱らないこと
1317 早起きこそ時間をつくるコツ
1318 明日でもいいことは今日やらない
1319 52週をデザインする
1320 スケジュールは1冊にまとめる
1321 自分がいいアウトプットを与える人になる
1322 テレビはハードディスクにとってみるリアルタイムでみない
1323 情報整理は自分本位でする
1324 取り出したいときにすぐに使えるよう整理する
1325 書類は共有が基本、個人所有はやめる
1326 古くなったら捨てる
1327 雑誌の定期購読を絞り込む
1328 手帳のスケジュールはブランクタイムをつくっておく
1329 新聞は立って読む
1330 デスクトップはエリアにわける
1331 フェイルセーフの考え方を利用する
1332 レクサスはライフスタイルを売っている
1333 3時以降は予定をいれず予備時間とする
1334 手帳は、人、カネ、モノ、時間、場所、人生などをコントロールするアイテム
1335 なりたい自分のイメージをつくる
1336 言葉は行動を説明し、行動派人生を説明する。
1337 相手を減らすことにより不安をなくす
1338 安心できる仕組みをつくる
1339 いきつけの書店ルートをつくる
1340 健康診断・人間ドックで早期予防をする
1341 「あいつはできる」と思われる活躍をする
1342 心に引っかかることがあると気になって眠れない
1343 机の上に手帳を出しておく
1344 システム手帳を使っているとかっこいい
1345 スケジュール表は線や面であらわす
1346 打ち合わせメモのフォーマットをつくる
1347 ポストイットはいつでも持ち運べる
1348 大きな作業は小分けにしてプレッシャーを減らす
1349 スケジュールには未確定の予定も書いておく
1350 メモはすぐ書けるようにしておく。
1351 「余命1日、余命1年」と思ってスケジュールをたてる
1352 ポストイットを手帳の拡張メモとして使う
1353 手帳は、「スケジュール」「メモ」「ToDoリスト」の3つを書く
1354 手帳+アラームでリマインダーシステムをつくる。
1355 手帳の重要なページはコピーをとっておく。
1356 手帳は自分で選び、自分で買う。
1357 カバンの中に手帳の定位置を決めておく。
1358 ブックスタンドをデスクでうまく活用する。
1359 プライベート名刺を作る。
1360 次のアポイントはその場で決める。
1361 「仕事量が多い」と感じたときは、長期プランを見直してみる。
1362 スケジュールで「プライベート」を後まわしにしない。
1363 定番のアイテムを使う。
1364 処理すること=タスクリストにしておくとすっきりする。
1365 作業用のコピー、資料は使い終わったらその場で廃棄する。
1366 いつでもメモできるように、家中にペンとポストイットを置いておく。
1367 モノは標準・スタンダードな形で使う。
1368 時間ドロボーに気をつける。
1369 人のやり方を取り入れる。
1370 相手に一度で正しく伝わるコミュニケーションを心がける。
1371 整理する時間をスケジュールに盛り込む。
1372 移動方法・手段を上手に選ぶ。
1373 複数の作業を同時進行で行う。
1374 常にセンサーの感度を上げておく。
1375 操作ミスが少ないものを使う。
1376 清書はしなくていい。
1377 定型の行動様式で行動する。
1378 時間を貯金する。
1379 人のための時間をあらかじめ用意しておく。
1380 自分の時間と同じように人の時間も大切にする。
1381 メンテナンスにテマヒマかからないものを選ぶ。
1382 ゴミになるモノのは買わないこと。
1383 「暇つぶし」はしない。
1384 アウトプットしたらインプットしたものは不要である。
1385 ポケット一つ原則を使う。
1386 書類は2度読まない。
1387 現金と同じように使えないポイントカードは持たない。
1388 パソコンはなるべく使わない。
1389 人の考え方は様々である。
1390 選択肢を誘導する。
1391 「時間はお手玉・ジャグリング」、投げ方次第でいくつでもできる。
1392 テレビを見ない。
1393 不要なデータを整理する。
1394 本は汚して使う。
1395 資料・作品などはつくった人が処分する。
1396 お出かけグッズをひとまとめにしておく。
1397 時間の浪費をなくすことは、時間を増やすことと同じである。
1398 本はジャンル別に整理する。
1399 すぐわかるようにモノが見えるようにしておく。
1400 ケーブル類にラベルをつけると便利である。
1201 「パフォーマンス」 × 「時間」 = 「アウトプット」
1202 手持ちの仕事は「7つ以内」にする。
1203 仕事の邪魔になることは真っ先に片付ける。
1204 八方ふさがりと思ったら、一番薄そうな壁に迷わず進む。
1205 人に助けてもらえるような人間になる。
1206 期日までにやれば、「言い訳」を考えないで済む。
1207 月一回も使わないカードはいらない。
1208 人は「たたき台」があれば必ずたたく。また、たたきたくなる。 → 人やものを動かしたければ、、たたき台を自分で作ること。
1209 朝に勝つようにする。
1210 システム手帳のリフィルは少なめに保つ。
1211 システム手帳はビジネスとプライベートの両方に使える。
1212 システム手帳に貴重品を入れると戻ってこないので、入れないようにする。
1213 昼寝は30分までにする。
1214 ワンクール15分
1215 あらかじめ質問・クレームなどをつぶしておく
1216 「選ぶ」とは「ほかを捨てること」
1217 「人生に勝つ」とは自分にふさわしい生活を送ることである
1218 「ドタバタ」しないこと。
1219 余計な一言は言わない
1220 BGMをうまく活用する
1221 スタートは軽装で
1222 どんなことでも何とかなる。 今まで解決できなかった問題はない。
1223 ストレス解消には別のストレスをぶつける。
1224 第一報は早いほどよい
1225 リマインダーをトリガーにする。 アラーム・メール・ToDo
1226 100円ショップ・コンビニ・スーパーを倉庫代わりに使う
1227 1日1つものを捨てる
1228 締め切りを作る
1229 モノが多いのは自信がないことのあらわれ
1230 いつか価値が出ると思っても出ない
1231 モノより置く場所と探す時間がもったいない
1232 その時にはっきりと決着をつけること
1233 後回しにしてもいずれば必ずやらなければならない
1234 アイディアは8割かた他人にねってもらう
1235 分類するときについでに捨てる
1236 使わないペンは捨てる
1237 探しものはたいがい「紙の下」にある
1238 カバンは肩掛けがついていること
1239 ファイルは「過去」「済み」「とりあえず保存」「処理すること」「フロー」「バッファー」「ストック」「リファレンス」に分ける
1240 本棚は3割あけておく
1241 共有スペースにモノを持ち込まない
1242 使う場所にモノを置く
1243 1時間は15分×4コマであると考える
1244 下着は枚数を決める
1245 気になることをすべて書き出す
1246 できないことはやらないで捨てる
1247 あせらないで進める
1248 自分でやるか人にやってもらうか決める
1249 そんなに早くできないよ
1250 本当につきあう人は少ない
1251 権力にしがみつく人はいらない
1252 調子がいい人はいらない
1253 郵便物に2度触れないように1回で処理をする
1254 自分がいなくてもチームが動くようにしておく仕組みをつくる
1255 予約外の来客は立ったまま対応する
1256 ハッタリで「3つのポイントがあります」と言う
1257 目が覚めたらできるだけ早く布団から出る
1258 依頼には即決でこたえる
1259 過去に引きずられない
1260 リファレンス本を常に持っておく
1261 職場は自分を守ってくれない
1262 休日は特別いいお茶を飲む
1263 スキルや知識だけではプロフェッショナルになれない
1264 アクションプランをたてる
1265 ブランドとは信頼の約束
1266 人脈のメンテナンスを常に行う
1267 上司の立場もわかってやる
1268 手帳は時間のコントロールツール
1269 自分一人の仕事は「いつやるか」を決めてしまう
1270 失敗は何かに挑戦したときにくるものである
1271 過去は終わった、クヨクヨしても変えられない
1272 カセットテープの中身は自分でチョイス
1273 休日をアクティブに過ごす
1274 その人とは本当に会う必要があるのか
1275 WantとMastを間違えない
1276 リソース配分か効率化のための決め手となる
1277 飛び入り仕事に対応できるよう常にゆとりを持つ
1278 根回しはステークホルダーの中の影響力が大きい人にする
1279 部屋が変われば自分も変わる
1280 センターピンをはずさなければかなりの確率で成功する
1281 指示は最初に、目的、グレード、納期、段取り、フィーリング、ステークホルダー、イメージを確認する
1282 「わかる」と「できる」は違う
1283 「今の状況が一番心地よい」というまでがんばって型をつくる
1284 欲しいと思わないものは使わない
1285 収納は生活がスムーズに豊かになるために行う
1286 すぐやると相手が喜ぶ
1287 相手の求めるレベルで仕事をする
1288 人と会うのはなるべく早く、すぐに会う
1289 自分に対しても、他人に対しても正直であること
1290 他人の時間から自分の時間を取り戻す
1291 必要ないことはやらない
1292 自分の都合で相手の時間を奪わない
1293 相手にもデッドラインを決める
1294 昼食のとき列に並ばない
1295 「あるといい」情報は「なくてもいい」情報である
1296 朝型はトラブルに強い
1297 お中元、お歳暮、年賀状は送らない
1298 ファッションとは統一感である
1299 上司を巻き込んでやりたい仕事をする
1300 相手の苦手なところをフォローしてやる
1101 前向きな行動をとる
1102 タスクを残さないことにより不安をなくす
1103 わかりやすい仕組みをつくる
1104 その状況に浸る
1105 健康になると生活と人生が良いスパイラルに入る
1106 服とアイテムの色をコントロールしてブランド演出をする
1107 眠れないときは「眠らなくてはたいへんだ」と思わないこと
1108 手帳、ToDoリストに書きこんで忘れる
1109 手帳は紙のアナログがいい、「いつでも」「すぐに」「どこでも」使える
1110 リファレンスは一元化する
1111 年賀状そのものを住所録にする
1112 ポストイットはどこでも手に入る
1113 締め切りから逆算してスケジュールを立てる
1114 手帳には記号・略語を使う
1115 メモは取り出しやすいところに入れておく。
1116 年賀状を人脈整理のツールとして使う
1117 ポストイットは定番なのでどこでも手に入る
1118 メモはどんどん捨てていく。決してためこまない。
1119 メモは一元化する。
1120 手帳には目標・目的・ライフワークなどを書いておく。
1121 手帳は肌身離さず持ち歩くものである。
1122 毎年同じ手帳を使うと長所・短所がわかっているので迷わない。
1123 ブックスタンドをクローゼットの整理に使う。
1124 名刺入れをポイントカード入れとして使う。
1125 書類はファイリングし、「必ずこのファイルのどこかにある」という状態にしておく。
1126 「仕事量が多い」と感じたときは、仕事時間の間の無駄を減らすと良い。
1127 スケジュールにはゆとり時間をつくる。
1128 いつでも手に入るアイテムを使う。
1129 書類トレイ・フォルダに「処理すること」フォルダをつくっておき、処理すべきものを入れておく。
1130 「仕事のもの」「公のもの」「共有のもの」はすぐに処理する。
1131 1日5分手帳の記録を読み直す。
1132 定番を使う。
1133 「フロー」に時間をとられないこと。
1134 何でも自分でやろうとしない。
1135 言葉のやり取り・ストロークを減らす。
1136 常に整理をする。
1137 バッファーを使う。
1138 付き合いはほどほどにする。
1139 一期一会を大切にする。
1140 シンプルな機能のモノを選ぶ。
1141 状況の把握は早めにしっかりと。
1142 すでにあるフォーマットを利用する。
1143 メモや人を外部メモリーとして使う。
1144 作業時間が余るように見積もる。
1145 コミュニケーション手段・メディアを使い分ける。
1146 モノのサイズを統一する。
1147 年齢により、必要なアイテムは変わる。
1148 スキマ時間を無理して埋めない。
1149 アウトプットできるまでインプットする。
1150 情報は一元管理する。
1151 1つで済むものはひとつだけ使う。
1152 店の定休日、営業時間を確認しておく。
1153 モノは「アクティブ」な状況にしておく。
1154 人の動きをコントロールしようとしない。
1155 先手を取る。
1156 「時間はキャッチボール」、ボールを相手に投げている間は何人でも相手することができる。
1157 ネットサーフィンをしない。
1158 不要なメールを整理する。
1159 手続地図をつくる。
1160 雑音となるものは残さない。
1161 急に出かけるためのグッズをひとまとめにしておく。
1162 一円節約すると、一円働いたのと同じである。
1163 チェックリストを有効活用する。
1164 アウトプットを前提に考える。
1165 複数の場に同じものを用意しておく。
1166 使いにくいものは捨てる。
1167 自分の都合を電話の相手に伝える。
1168 資料の出力枚数を半分にする。
1169 「いつか」ではなく「今」始める。
1170 同じ一万円でも「お食事代」など意味をはっきりさせて渡す。
1171 必要なものは1つあれば十分である。
1172 休日は簡単なことをする。
1173 安売り、キャンペーンに惑わされず、欲しいものを買う。
1174 いい本を何度も読む。
1175 持っているものを楽しむこと。
1176 どんな時代でも「自分スタイル」を持つ。
1177 計画性は習慣から始まる。
1178 週ごとにテーマを設定する。
1179 コップ・バケツには「大きな石」から入れていく。
1180 「ゆとり」とは時間と心を自分で支配すること。
1181 周到に準備した者にだけチャンスはつかめる。
1182 やりたくないことはきっぱり断る。
1183 好き嫌いを外に出さない。
1184 人に嫌われてもいいじゃない。
1185 スタートを切るまでの速さがポイント。
1186 雨の日もそれなりに楽しむ。
1187 全体像は目次から読み取る。
1188 時間ば手帳と時計に任せる。
1189 すぐに「入れ物」をつくる。
1190 アイデア仕事は第一歩を早目に出す。
1191 月一回の焼肉は、給料日前に行く。
1192 言い訳をして先延ばしするくらいならやめる。
1193 無駄なアクションをやめる。
1194 「できないこと」ではなく、「できること」に目を向ける。
1195 多読をして、自分で情報を選ぶ。
1196 相手の限界速度に合わせる。
1197 机の上は使わないものが多い。
1198 「完璧な片づけ」は不要。
1199 「飲み会」より「ランチ会」のつきあいにする。
1200 2年ごとにハードディスクの整理をする。
1001 サイズを間違えたモノは捨てる
1002 モノがなくなるのは無意識にその辺に置いてしまうからである
1003 カバンはA4書類がはいること
1004 デスクトップの散らかりは頭の中の散らかりである
1005 お散歩セットをつくる
1006 多くのものを所有しない
1007 取り出しやすさが整理の基本
1008 モノを捨てるのにお金がかかる
1009 3年着ない服はこの先も着ない
1010 すべての情報を頭の外に出して楽になる
1011 順番を決めずに片っぱしからやる
1012 考えないで進める
1013 自分の能力を超えていることはやるかやらないか決める
1014 完璧にはできないよ
1015 人付き合いは風とおしがいい方がいい。
1016 根性、精神論しか言わない人はいらない
1017 意見が通らないとキレる人はいらない
1018 かかえすぎた人間関係は自分を貧しくするだけである
1019 「実」をとる
1020 電話はまとめて処理をする
1021 「がんばります」ではなく「やります」
1022 食事・風呂・トイレ・睡眠はゆっくりと最優先にする
1023 人から勧められたものは即日取り入れてみる
1024 「なるほど」と思ったことは24時間以内にやる
1025 正義の味方よりリアリストになる
1026 職場から1秒でも早く離れる
1027 ToDoリストに締め切りの前倒しを入れておく
1028 帰り道は腕時計をはずす
1029 好きな分野を英語で学ぶ
1030 評価制度は気にしない、ありのままの自分でいくこと
1031 すべてにおいて先手を打つ
1032 上司を資源化する
1033 予備時間を持つ
1034 降ってくる仕事、取りに行く仕事、作り出す仕事を分けて考える
1035 時間は義務ではなく、リソース・資源である
1036 人に期待されたからやるのか本当に自分でやりたいのか
1037 通勤時間に本を読む
1038 用事は相手に意図を伝えて頼む
1039 バケツには大きな石から入れる
1040 無理をして身体を壊さないようにする
1041 「やらないこと」をまとめておく
1042 相手の立場で聴くこと
1043 ルーティンはマニュアル化してさばく
1044 旅に出たら、何もしないこと自体を楽しむ
1045 他人を変えようと思わない
1046 失敗を未然にふせぐこと
1047 手帳は胸ポケットにしまう
1048 モノは新しい方が高機能だが、自分になじんだ低機能のモノの方が使いやすく、満足感がある
1049 身の回りのものは、自分で選んだものだけにする
1050 収納は空間を居心地のよいものにするために行う
1051 すぐやると時間と気持ちにゆとりができる
1052 電話を受ける時間を決めておく
1053 ギリギリだとミスを起こしやすい
1054 仕事はゲーム
1055 すべてのモノは定位置に
1056 ノウハウがなければ専門家に頼む
1057 時間を大切にする人とパートナーを組む
1058 15分で1つ仕上げる
1059 期限を守れない100点は0点以下、提出していないのと同じである。
1060 「やればわかる」より「わかってからやる」
1061 緊急以外はメールで連絡
1062 本は人の役に立つために書く
1063 「おしゃれ」は着ていたものが印象に残らないこと
1064 配布資料には「大事でないこと」を書く
1065 上司の顔をつぶさないこと
1066 「見ざる」「言わざる」「聴かざる」
1067 敵をつくらない
1068 やることが決まっているならすぐにスタートする
1069 代役、代理は突然回ってくる
1070 テキストは一期一会、使ったら手放すこと
1071 「ここだけの話」で仲良くなる
1072 その場で、即断、即決、即実行、決して保留しない
1073 アレコレシンドロームはやめる
1074 対応はできるだけ早くする
1075 木曜日はバッファー、予定を入れない
1076 時は命である
1077 自分に話しかける
1078 一番重要なことを常に優先する
1079 人生を楽しむためのタイムマネージメント
1080 パフォーマンスの高い人はゆったりしている
1081 相手を打ち負かしても気持ちいいのは一瞬だけである
1082 人生のぜいたくは「自分の時間」をより多く持つこと
1083 交通機関は金額ではなく、時間で選ぶ
1084 年52週で考える
1085 時間はお金で買おう
1086 コンセプトとフレームワークを理解する
1087 テレビはハードディスクにとってみる
1088 不要なメモはすぐに捨てる
1089 モノ情報はすべてポケットに入れる
1090 タスクが終わるごとにデスクを整理する
1091 また手に入るものは捨てる
1092 定期的に本屋に行く
1093 「捨てるタイム」をつくって毎日、毎週、毎月、毎年捨てる
1094 情報マニアにならないこと
1095 書類は文面を表にして折る
1096 会議の出席者は最小限にする
1097 定番をつくる
1098 キャッチボール方式、上手になれば相手の数を増やせる
1099 手帳の土日はプライベートセクター
1100 トレードマークを持つ
0901 リファレンスを整理する。
0902 不要な人脈を広げすぎないようにする。
0903 作法にこだわりすぎない。
0904 マニュアルがなくても使えるものを選ぶ。
0905 わかっていることはあらかじめ共有する。
0906 リスクはあらかじめつぶしておく。
0907 物忘れをメモで補う。
0908 定時を守る。
0909 特殊な道具は使わない。
0910 引き出しには見出しをつける。
0911 1年着ない服は今後も着ない。
0912 家族との時間を妨げる要素を減らす。
0913 同じものを二つ買わない。
0914 スケジュールは一元管理する。
0915 モノを2つ使えば、2倍メンテナンスすることになる。
0916 標準的にかかる時間を算出しておく。
0917 紙袋を整理に使わない。
0918 相手と同じ土俵に立たない。
0919 相手の反応をコントロールする。
0920 「時間はブーメラン」、投げれば戻ってくるまで手が空く。
0921 ワープロは辞書登録でスピードアップする。
0922 不要な会員登録はしない。
0923 買い物地図をつくる。
0924 雑音となるものはファイルしない。
0925 すぐに出かけられるように荷物をまとめておく。
0926 一円の節約は一円の儲けである。
0927 紙のコストより時間のコストを惜しむ。
0928 荷造りの時間をつくらない。
0929 必要なモノが見つからなければ、かわりにそこにメモを置いておく。
0930 ダブっているものは捨てる。
0931 モノや情報に賞味期限をつける。
0932 会議時間を半分にする。
0933 小さな成功を重ねるようにする。
0934 身の回りにはレギュラー組みだけ置く。
0935 モノが少ないことは怖くない。
0936 休日は無理に何かしなくてもいい。
0937 値段ではなく「食べたいもの」を食べる。
0938 一つのことを突き詰める。
0939 人生は一度しかない。
0940 「拾う」より「捨てる」ことを心がける。
0941 仕事は断るか外に出す。
0942 プロジェクトではまず「仕事の山」をくずす作業から始める。
0943 未完了事項をリストアップして片っぱしから片付ける。
0944 忙しいときこそ「ゆとり」を忘れない。
0945 人をほめるときは照れない。
0946 「さすが、勉強になります」と相手をほめる。
0947 自分が「オトナ」になる。
0948 人と一緒にいると自分が本当にしたいことができない。
0949 焼肉でダンドリの練習をする。
0950 心の中が「ゴミ屋敷」にならないようにする。
0951 一度でものごとを覚える。
0952 「しなければいけないこと」と思い込んでいることを捨てる。
0953 「待たされるムダ」をなくす。
0954 「人の状況を確認する」というタスクを入れる。
0955 買い物で迷ったら両方買う。
0956 お店は「保管場所」お金を払って出してくる。
0957 タスクリストを消していくのを楽しみにする。
0958 メールの署名欄は定型文・フォーマットを使う。
0959 マンガはわかりやすい。理解しやすい。
0960 ブレイクポイントまでじっくりがんばる。
0961 片付けるとは「片をつける」こと。
0962 重複して持っているものは持たない。
0963 「この人にはべつに好かれなくてもいい」人脈は捨てる。
0964 メモは大きな字で書く。
0965 「試行錯誤」や「やり直し」はできるだけ避ける。
0966 すぐ終わる仕事はすぐ片付ける。
0967 問題は「小さいうちに」解決する。
0968 八方ふさがりは滅多にない。どこか一方向は開いている。
0969 「ありがとう」の言葉を忘れない。
0970 期日までにやれば、「現状報告」をしなくて済む。
0971 「出す」と同時に「片付ける」。
0972 自分が向いた方向に車は進む。
0973 ものごとはまず60%ですばやく動かす。 → 人が80%までたたいてくれる。 → あと+αをすれば良いものができる。
0974 二度と使わないものはその場で捨てる。
0975 システム手帳をスタンダード化する。
0976 システム手帳は同じ企画なので、いつでも手に入れられる。
0977 システム手帳のリフィルは片面、表面だけ使うと使いやすい。
0978 眠れないときは、「神さまがくれた時間」と思って何かをすればいい。
0979 夜討ち朝駆け
0980 コミュニケーションミスは時間・労力のロスである →確実に伝える
0981 「切り替え」の早さで人と差をつける
0982 連絡事項は始業前にする
0983 理想の上司はあり得ない
0984 ネガティブな言葉は使わない
0985 入門書はまず全体の体系を把握する
0986 アウトプットのためのインプット
0987 机の上に今日やることをすべて出して、片っぱしから片付けると終わりが見える
0988 落ち込んだ時は好きな映画を観る
0989 デジタルとアナログを組み合わせる
0990 ライフワークとは「少しでも時間があればやりたいこと」
0991 時間を人と「ずらす」ことによりゆとりを得る
0992 なくて困らないものは捨てる
0993 必要な行動をリストにする
0994 物置のスペースをこれ以上広げない
0995 捨てたモノが必要になるのは、100回に1回である
0996 同じものがあったら捨てる
0997 他人が察してくれるとおもわないこと
0998 用件はその場で処理する
0999 余計なものが多いから片付かない
1000 情報は1パーセントがいるもの、99パーセントがいらないもの
0801 通勤はウォーキングシューズで
0802 仕事はマニュアル化する
0803 歩いているときは英語を聞く
0804 本は自腹で買う
0805 目的と目標をわける →目的は何のためにやるか、目標は目的を実現するためのステップ
0806 「聞く」のではなく「聴く」
0807 ルーティンは関係者を確認してさばく
0808 旅に出たら、何もしない時間を楽しむ
0809 罪悪感を捨てる
0810 仕事は量より質
0811 ファックス用紙は自分専用のものをつくる
0812 買い物をしない期間をつくる
0813 カバンの中身チェック表を作っておく
0814 収納はモノを使って活用するために行う
0815 すぐやると問題点が早く見つかる
0816 ルーチンはマニュアル化
0817 仕事は必ずいつかはしなくてはならないのですぐやってしまう
0818 小さなトゲを先に抜いておく
0819 メモに「後で」はない
0820 アウトソーシングを考える
0821 できる人は金より時間を大切にし、できない人は出費を惜しんで時間を無駄にする
0822 仕事は60点、上塗りはしない
0823 残業してしごとを仕上げても意味はない
0824 仕事は一期一会
0825 予定にはバッファーをつくる
0826 本を出す近道は人とのつながり、出版社とのつながり
0827 一年たてば流行遅れになるような流行は追わない
0828 教えるときはテイクを期待しないこと
0829 周りの上司の個性をまずおさえる
0830 「できる人」より「おもしろい人」になる
0831 人と争わずマイペースを保つ
0832 当たり前のことを当たり前にやる
0833 「次善の策」は今できる「最善の策」である
0834 本は片っぱしから読み、エッセンスを抜く
0835 秘密を共有して仲良くなる
0836 必要なものはすぐにファイリングする
0837 マルチタスクはやめる
0838 ファイルはなるべくつくらない
0839 ポストイットをあらゆる所に置く
0840 種をまかないと収穫できない
0841 マスターマインド、師匠を持つ
0842 「緊急」にならないうちに重要なしごとを片付ける
0843 時間外に話しかけられないキャラをつくる
0844 できる人は「ゆったり」している
0845 相手に挫折感を与えない
0846 資料は1枚
0847 昼休みも時間のうち
0848 カードサイズの情報メモを使う
0849 モノマネでよい、借り物でもよい
0850 まとめて数十時間そのことについて勉強する
0851 本棚はジャンル別に整理する
0852 メモは決まった場所に書く
0853 最初からファイルの厚さを決めて、はみ出したら捨てるマーカーを使ってアクセスタイムを減らす
0854 本のカバーははずす
0855 嫌いなものは使わない
0856 外ではポストイットをメモに使う
0857 片付けはまず捨てる
0858 情報は送り手と受けての主観的なもの、人を通過すると正確さが失われ、ゆがむ
0859 待ち時間は細切れ仕事をする
0860 例外タスクは丁寧にさばく
0861 ブランドに意外性をもたせる
0862 お手玉方式、上手になれば玉の数を増やすことができる
0863 手帳の右ページはイベント+ToDoリスト
0864 自分ブランドをつくるもつ
0865 前向きな言葉を使う
0866 段取りを決めて不安をなくす
0867 自動化する仕組みをつくる
0868 アクティブなものだけ手元に置く
0869 アウトプットを考えて本を読む
0870 職場へは誰よりも先に行く
0871 眠れないときは横になって身体を休めるだけでいい
0872 明日の準備をして不安をなくそう
0873 寝床にペンとメモを用意しておき、気がついたことをすぐにメモする
0874 アドレスは一元化する
0875 住所録は携帯電話にいれておく
0876 ポストイットは整理しやすい
0877 デッドラインは少し早めに設定する
0878 スケジュールは終わりの時刻も記入しておく。
0879 メモはいろいろなところに入れておく。上着のポケット、カバン、机
0880 手帳はアウトプットするためのツールである。
0881 ポストイットは胸ポケットにはいる
0882 携帯でアドレス管理をする
0883 スキマ時間でできるタスクリストを作っておく。
0884 手帳には家族の誕生日・記念日をメモしておく。
0885 手帳はメモ帳ではない。
0886 手帳は見開き一週間、レフトタイプを使う。
0887 書類は関連するものをクリアホルダーでひとまとめにしておく。
0888 ハイテクなものを多用しない。あるものをうまく使う。
0889 書類は自分の手もとに置かず、ファイリングする、人に渡す、処理する。
0890 「仕事量が多い」「これ以上無理」と思ったときはスケジュール管理で何とかなる。
0891 スケジュールには予備日をつくる。
0892 最小限のモノで済ませる。
0893 メールフォルダに「処理すること」フォルダをつくっておき、受信トレイから移しておく。
0894 「仕事のもの」「公のもの」「共有のもの」は自分のエリアに入れない。
0895 すべてのメモに西暦8桁の日付を入れる。
0896 お金は時間に対する対価である。
0897 物事を「フロー」と「ストック」にわけて考える。
0898 物事はなるべく人に任せる。
0899 感情トラブルは避ける。
0900 エリアをまとめる。
0701 口コミを生かす。
0702 合わない人とは中立の態度を維持する。
0703 「好奇心」には「賞味期限」がある。
0704 やさしさは一方通行でよい。
0705 相手をする対象が多いときは、「時間割法」で対処する。
0706 ダンドリは「もれがないか」「順番が正しいか」「期限に間に合うか」で考える。
0707 一日のうちで無駄遣いがどのくらいあるか考える時間を持つ。
0708 自慢話をしない。
0709 すぐできることから実行する。
0710 自分にとって「大事なことは何か」を決める。
0711 人は「マネジメント」はしても「コントロール」しない。
0712 あなたと私は違うから「NO」と言える。
0713 人の耳は聴く気がなければ聴こえないようにできている。
0714 「週末整理箱」をつくる。
0715 量ではなく、室で考える。
0716 やることをすべて洗い出すと安心する。
0717 「パターン」つくって乗り切る。
0718 作業の手を休めない。
0719 文章は書きやすいところから書き始める。
0720 迷ったら「仮捨てバッファー」に捨てる。
0721 タスクリストを使って頭をすっきりさせる。
0722 メールは箇条書きにする。
0723 人に借りた本は読まない。
0724 個人メディアを持つ。
0725 3分あったら片付けをする。
0726 他の人が持っているものは持たない。
0727 モノを減らすには、「増えた分+α」を捨てること。
0728 メモは忘れるために書く。
0729 「もぐら叩き」のような段取りは避ける。
0730 ルーチン作業は片っぱしから片付ける。
0731 「どうでもいい仕事」こそ先に片付けて忘れてしまう。
0732 雨の日はゆっくり本を読む。
0733 人には必ず「得意分野」がある。
0734 納期までにやれば、「督促」されない。
0735 続けても意味のないことはやめる。
0736 自分が向いた方向に事は進む。
0737 餅は餅屋 → 専門家に任す、頼む、知恵を借りる、協力を依頼する。
0738 車で出かけようと思ったとき、いくらかっこいいミニカー、プラモデル、ラジコン、レプリカがあっても役に立たない。→軽トラでもポンコツでも実際に走る車でなければ意味がない。→まず、機能、そして性能、見た目は最後。
0739 システム手帳で自分史をつくる。
0740 システム手帳は、入れ替えられるので、転記する必要がない。
0741 システム手帳の一番後ろには、収納用のクリアポケットを入れておく。
0742 早く目が覚めてしまったら、「ラッキー」と思って、おいしいコーヒーを飲みながら、本を一冊読もう。
0743 寝だめは逆効果。
0744 自分で作った書類を何度も使いまわす。
0745 「植木があって旅行にいけない、動物がいて動けない → 持たなきゃいい
0746 休日のスケジュールは一点豪華主義でいく
0747 「上司と合う」のではなく「合わせる」
0748 「悪口・うわさ話・グチ」は言わない
0749 入門書は薄ければ薄いほうがよい 
0750 使うために勉強する
0751 とにかくお手本を真似ること
0752 周りの人は自分が思うほど自分のことを気にしていない
0753 キャッチフレーズをつける
0754 ライフワークとは「お金を払ってでもやりたいこと」
0755 通帳を家計簿がわりにする
0756 あること自体を忘れているものは捨てる
0757 いらないDMは受け取らない
0758 モノを捨てていって最後に残ったものが必要なもの
0759 まだ使えるけどすぐ使わないモノは捨てる
0760 片付けないと掃除がしづらい
0761 嫌われたくない気持ちが不機嫌を生み出す
0762 届いた書類はすぐに片付ける
0763 余計なものを抱えているから整理できない
0764 すべてのものに日付をつける
0765 二番手以下のモノはいらない
0766 モノがどこにいってしまったが忘れることが多い
0767 裏紙は使わないこと
0768 わからなければわかる人にきくこと
0769 旅行セットをつくる
0770 旅行に出るときのように少ないモノですごす
0771 3年で生活サイクルは変わる
0772 整理するためのお金はもったいない
0773 3年着ない服は捨てる
0774 ToDoリストは行動を書く
0775 全部やらないとタスクはどんどん増殖する
0776 一度にひとつずつ手に取る
0777 やりたくないことはやるかやらないか決める
0778 何だかやだな
0779 時間をうまく使うために生きているのではない
0780 声をあらげて相手をせめる人いらない
0781 グチばかり言う人はいらない
0782 無駄な人間関係はどんどん切る
0783 圧倒的な実力の差を見せる
0784 電話は自分のデスクあて内線にかけさせる
0785 「できない」と決めずやり切ることに集中する
0786 人と競うより競う相手のいない場所を見つける
0787 メールの未処理案件はなしにする
0788 「やりたいこと」をまわりに話して協力を得る
0789 人に待たされても怒らない、そういうものである
0790 旅行の持ち物リストをつくる
0791 ルーチンワークもToDoリストに入れる
0792 腕時計はオンタイムとオフタイムで変える
0793 英語ができると選択肢が格段に広がる
0794 チャンスはそれを受ける準備ができた時に突然やってくる
0795 価値の高い仕事に集中する
0796 ロジックではなく、ストーリーで人を動かす
0797 いつも少しだけゆとりを持つ
0798 「今やろうと思ったのに」→自分でコントロールできてない。→すぐにやる
0799 仕事を自分でコントロールするとストレスが減る
0800 みんなに好かれようとしない
0601 物事は3つに整理する
0602 スキルベース、ルールベース、ナレッジベース
0603 怒る、不満を感じることは大切なこと、そこから何かが生まれる
0604 旅の前から旅は始まっている、パンフレット集めや準備も楽しむこと
0605 ワンランク上の振る舞いをする
0606 上司へアウトソーシングする
0607 帰りがけに声をかけにくいキャラをつくる
0608 指示した内容を相手に確認されないよう、あらかじめ考える
0609 赤入れはイメージが悪い
0610 速く歩く
0611 昼休みはクリエイティブに過ごす
0612 地図と時刻表の達人になれ
0613 すべての条件がそろってから動いたのでは遅すぎる
0614 覚えるより理解すること
0615 手帳は週末に整理する
0616 メモには日付を入れる
0617 地図は最新のものをそろえる
0618 情報収集に余計なエネルギーを使わない
0619 「なくてすむ」ものは手に入れない
0620 ファックス送信票で連絡をコントロールする
0621 片付けは場所と時間を決めておこなう
0622 「あとで整理」はなし、その時、その場でやる
0623 手間のかけすぎは無駄
0624 60点主義でいく
0625 ブランドを強調する
0626 整理するサイクルを自分で決める
0627 日付スタンプを押す
0628 フロー、ストック、リファレンス
0629 何事も前向きに捉える
0630 メモを残すと不安がなくなる
0631 テマヒマかけない仕組みをつくる
0632 あく職プランは3つ、5つ、7つにしぼる
0633 文庫・新書を一冊ポケットに入れておく
0634 ブランディングは体調管理から
0635 自分の弱み、強みをつかむ
0636 余命1年だとしたら、何をするかを考え、リストにする
0637 マイナスの人とは関わらない
0638 ToDoリストは一元化する
0639 定例会議、議題、資料、作業もスケジュールにいれておく。
0640 ポストイットはまとめてコピーが取れる
0641 すべての仕事にデッドラインをつくる
0642 予定の変更は「見せ消し」でする
0643 メモは決めたところに入れておく。
0644 欲しいものリストをつくって自分の欲望をコントロールしよう。
0645 一番の時間の浪費は探し物である。
0646 デジカメはメモ代わりに使う
0647 メモするときは略号・記号・マークを使う。
0648 手帳にはアドレスをメモしておく。
0649 手帳のスケジュール欄に「始め」「スタート」のマークをつけておくとよい。
0650 手帳は4月始まり、1月始まりなど自分の生活スタイルに合ったものを使う。
0651 消耗品のストック数を決めておく。
0652 便利グッズを多用しない。あるものをうまく使う。
0653 書類はとりあえずファイリングして手もとに置かない。
0654 職場のデスクは、電話、パソコン、メモ、パンチ、トレイ、ホチキスのみ置く。
0655 スケジュールを立てることが目的ではない。
0656 気になることは紙にメモして頭から離す。
0657 急に入ったタスクがこなせるようにあらかじめスケジュールに入れておく。
0658 スケジュールは「毎日」「毎週」「毎月」「毎年」使いまわす。
0659 携帯電話のメールフォルダに「タスクリスト」をつくってリマインドをのせておく。
0660 お金を無駄にしないこと。
0661 なるべく無駄な情報を受け取らないようにする。
0662 やらなくてよいことはやめる。
0663 問い合わせのないように発信する。
0664 チェックリストを使う。
0665 途中経過の段階の資料は必要以上に残さない。
0666 一目でわかる目印をつける。
0667 道具はいつでも使えるようにメンテナンスしておく。
0668 流行の機能に惑わされない。
0669 早目に情報を公開する。
0670 気がついたときにすぐやる。
0671 人の時間を買う。
0672 物事は15分単位で動かす。
0673 伝言メモはフォーマット済みのものを使う。
0674 取り出しやすい収納をする。
0675 1年使わないものは、今後も使わない。
0676 一生つき合う人はごくわずかである。
0677 無駄な在庫をかかえない。
0678 フォローしていくものを減らす。
0679 メンテナンス代のことを考えて道具を使う。
0680 「忙しさ」をならして平らにする。
0681 モノのブラックボックスをつくらない。
0682 人の批判はしない。
0683 コールバックしなても済むように段取りをする。
0684 人づきあいに「2度目のチャンス」はない。
0685 とにかく「たくさん投げる。」
0686 ダイレクトメールはすぐ整理する。
0687 持ち物をなるべく少なくする。
0688 ムダなものはファイルしない。
0689 ブレインストーミングは短時間に行う。
0690 小さなことでも紙を一枚使う。
0691 情報には入手元・出典を明記する。
0692 本はその場で買う。
0693 収納場所が戻しにくい場所だと戻さなくなる。
0694 一時的につくったコピーは捨てる。
0695 時間をかけた分だけいい仕事ができるとは限らない。
0696 会議を半分にする。
0697 翌日には覚えたことの74%忘れてしまう。
0698 名刺を集めても意味がない。
0699 ホテルのように最小限のもので暮らす。
0700 家はコンパクトにする。

0501 ゴールまでの道筋は誰が決めてもよい →ゴールに効果的に、早く、正確にたどり着けばよい。
0502 お湯が沸くには時間がかかる。→まずは沸かし始めてその間、何かをして待つ。
0503 わからないことは、その場で聞く。
0504 システム手帳は「たて」と「よこ」のインデックスをうまく使う。
0505 システム手帳の後半には、記入用のリフィルをいれると書きやすい。
0506 メモは必ず紙に書くこと。
0507 休みの日は早起きして、朝をゆっくり過ごす。
0508 充電は先に済ませておく → 使い終わったらすぐ充電する →次にすぐ使える
0509 ハンドルも「遊び」があるから機能する
0510 大切な人と会う時間を大切にする
0511 「今」を生きれば、明日の「不安」を感じなくなる
0512 「上質」「上品」「清潔」を心がける
0513 時間になったら切り上げる
0514 使うために覚える
0515 一度勉強したことは実戦に使えるまでとことに吸収する →一期一会、背水の陣
0516 ノートをつくるより、本・参考書に書き込む。→あらかじめノートをとってくれている
0517 作戦名をたてる
0518 ライフワークとは「生まれ変わってもやりたいこと」
0519 手数料は払わないこと
0520 使えないものを捨てる
0521 ストックは1つだけ持つ
0522 モノを片付けると頭の中が片付く。
0523 いつかひつようになるモノは必要になったときに買う
0524 片付けが最終目的ではない。
0525 悪い感情を口に出さない。
0526 メモは一箇所にまとめる
0527 完璧主義は失敗のもと
0528 最新版以外はすぐに捨てる
0529 スピードが遅いとチャンスを逃す
0530 モノはあるのに見つからないことが多い
0531 ボールペンは4色+シャープペン
0532 その研究で世界一になることが博士号の意味である
0533 お出かけセットをつくる
0534 押入れはないほうがいい
0535 3年単位でモノを見直す
0536 整理する労力はもったいない
0537 安く買ったモノから捨てる
0538 使いにくい文具・道具は捨てる
0539 相手の数を減らすと気分的に楽になる
0540 どっちにしても全部やらなきゃいけない
0541 納得いかないことはやるかやらないかきめる
0542 わかりにくいな
0543 「大切にしたいこと」があってこその時間の使い方である
0544 話し合いで持論を展開する人はいらない
0545 自分から提案せずに否定ばかりする人はいらない
0546 多すぎる人間関係は自分を貧しくする
0547 めったに叱らないキャラをつくる
0548 まず紙に書いて客観的になる
0549 自分をブランド化する
0550 組織は何もしてくれない
0551 情報は「出会い」である
0552 NGな上司に振り回されない
0553 人を待たせない
0554 親しい人以外にはプレゼントしない
0555 リマインダーを使う
0556 人と会うとき、腕時計の文字盤を内側に向けておく
0557 有用な情報は英語で流れている
0558 当事者意識を持つ
0559 時間は人生最大の投資である
0560 説得するときは結論を先に言わない
0561 決まった時間に毎日同じことをやる
0562 同じことでも自分でコントロールするとストレスが少なく、やる気も出る
0563 手帳を見て、できること、できないことの確認をしてクールダウンする、落ち着かせる
0564 変えられない環境もあるので無理しない
0565 新聞は見出しだけ読む
0566 人に頼めることは自分でしない
0567 新聞は日経一紙でよい
0568 研修は自腹で参加する
0569 自分ならどうするかを考えてものごとをとらえる
0570 「どう伝えたか」ではなく、「どう伝わったか」がコミュニケーションの基本である
0571 ルーティンは作業時間を確認してさばく
0572 「何もしない」から「何をしないか」へ考え方を変える
0573 過去のトラウマは意味がないので捨てる
0574 エビングハウスの忘却曲線を利用する
0575 上司とは言い争わない
0576 プレゼントはあとに残らないものを贈る
0577 旅行用に1日分ずつ着替えをビニール袋に小分けしておく
0578 「自分がモノを管理する」という気持ちをもつ
0579 クローゼットにすべてのものをかけておく→それ以上持たない
0580 無駄な仕事をやめる
0581 保管しない書類はすぐ捨てる
0582 何もかもやろうとしない
0583 思いついたらすぐメモを取る
0584 自分の得意分野に持ち込む
0585 できる人は時間をつくる、できない人は時間がないと嘆く
0586 決めたら変えない、たいがい正しい
0587 忙しい会社はオフィスが静かだ
0588 水を飲みたがらない馬には飲ませる努力をしない
0589 残業=無能である
0590 ギブアンドギブではなく「コントリビューション」が基本貢献することである
0591 自分の定番の服を複数持つと良い
0592 まわりから批判されても動じない
0593 上司は人のつながりを利用するネットワークとして使う
0594 相手に花を持たせる
0595 ストレスの多くは人間関係である
0596 争いは「争い好き」に任せよう
0597 一度決めたことでもストップすればいいじゃない
0598 早く起きると他人に巻き込まれることが少なくなる
0599 影ぼめと悪口はすぐに伝わる
0600 だめな人は「反面教師」としてこやしにする

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12