エンジョイハック2001-2100

| コメント(0) | トラックバック(0)
2001 時間のブツ切りを避けたほうが良い
2002 感情を含んだ言葉で相手に伝えないこと
2003 カジュアルはマークや色を少なめに
2004 「出ても打たれない杭」になるようまわりをマネジメントする
2005 まめまめしいは忠実忠実しいと書く
2006 アクティブ思考
2007 負けず嫌いのパワーは長続きしない
2008 要は敵対しないこと
2009 できる人はコツを身につけている
2010 就寝時刻より起床時刻を固定する
2011 仕事はプロフェッショナルになる
2012 バイブルとなる本以外場どんどん捨てる
2013 時間の見積は1.5倍で考える
2014 「人は反面教師」、先生である
2015 今やらずにいつやるのか
2016 段取り八分、実行二分
2017 朝型ブランドをつくる
2018 今の仕事に必要なものをてもとに用意しておく
2019 プライムタイムを作る
2020 部下に対してもきちんと謝る
2021 午前中にやりたい仕事をやってしまう
2022 テレビ・ラジオは選ぶ
2023 死ぬ前の一時間も残業している一時間も同じである
2024 土曜日はアクティブに過ごす
2025 「どれだけやったか」ではなく「どれだけアウトプットしたか」で考える
2026 サイズや形は統一する
2027 外出セットをいつも用意する
2028 不要な本を捨て、必要最小限にしておく
2029 引き出しの中に不要なものは入れない
2030 繰り返し手に入る情報は捨てる
2031 ファイリングは定位置をキープする
2032 整理は時間の無駄
2033 整理とは、いるものといらないものを仕分けて捨てること
2034 人。モノ、情報を探すのは無駄
2035 メモはいつも同じ紙に
2036 自分のウリは何かをよく考える
2037 ブランドは価値である
2038 電話を受ける時間を制限・コントロールする
2039 サブシステムはシステム手帳でおこなう
2040 人に強制しない
2041 「知る」ことで不安をなくす
2042 テマヒマかけないように簡略化する
2043 そこそこできる仕組みをつくる
2044 アウトプットできるように本を読む
2045 ワイングラスと紙コップどちらのワインを選ぶか
2046 自分ストーリーをつくる
2047 予定は動詞まで書く「~する。~いく。」
2048 マイナスの映像を見ない
2049 いつでも使えるポストイットでメモを取る
2050 ToDoリストをこなす時間をスケジュールに入れておく
2051 ポストイットはそのまま人に渡せる
2052 ToDoリストは一元化する「消していく喜び」を楽しむ
2053 スケジュールは自分の都合が最優先である。
2054 一人作業もスケジュールに入れておく
2055 メモのツールはなるべく一つにする
2056 手帳には自分が必要とする情報しか書かない。
2057 手帳を使って頭の中を空っぽにする
2058 手帳には「ブランク時間」もいれておく。
2059 手帳は「人脈管理ステーション」として使う。
2060 手帳のスケジュール欄はタイムゾーン化するとよい。
2061 手帳に余計なものはいらない。
2062 手帳を落としたときの対策をしておく。
2063 デスクトレイを使って家庭の手紙の整理をする。
2064 書類をファイリングすると、ストレスが減る。
2065 アポイントは曜日の確認もしておく。
2066 「オン」と「オフ」のどちらも自分の時間である。むしろ一人の自分が「チャンネルを切り替える」と考える。
2067 二度同じことをやらないで済むようにする。
2068 一度に一つのタスクを行う。
2069 タスクリストには、「考えること」「準備すること」などの課題を入れておく。
2070 裏紙は間違いのもとになるので使わないようにする。
2071 時間は自分が置かれた状況で「ものさし」が伸び縮みするので感じ方が変わる。
2072 選択することに時間をかけないこと。
2073 「迷う時間」を減らす。
2074 必要十分、必要最低限で済ませるようにする。
2075 「手続き」を減らす。
2076 オーソドックスなものを使う。
2077 チャンスを逃さないこと。
2078 必要なモノを必要な時に必要な量だけ持つようにする。
2079 メンテナンスフリーのモノを使う。
2080 下書きは残さないで捨てる。
2081 心も身体も早目のメンテナンスをする。
2082 気がついたときに不要なものを捨てる。
2083 中間点を決めておく。
2084 相手の反応・動きをおり込んで行動する。
2085 身体はこの世だけで使える「借り物」である。
2086 自分で持たずに人に持ってもらう。
2087 パソコンは「フロー」として考える。
2088 振り込みをしなくてよい仕組みをつくる。
2089 自分の目的・用件・ゴールを先に伝える。
2090 使ったモノは元の位置にもどす。
2091 操作感のある道具を使う。
2092 下調べをしてチャンスを待つ。
2093 他人の嫌なところには「鈍感」になる。
2094 人に振り回されすぎない。
2095 結果を出せなければ、プロセスは評価されない。
2096 動きながら考えることもできる。
2097 メールの返信はなるべくしない。
2098 色による区別を活用する。
2099 しまわないモノのケースはいらない。
2100 フローチャートで流れをつかむ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.atsuya-iwashita.jp/mt/mt-tb.cgi/620

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年11月 6日 05:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エンジョイハック1901-2000」です。

次のブログ記事は「エンジョイハック2101-2200」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12